« 法医学リーズン《47》 | トップページ | 雨の合間に・・・早咲きの秋 »

2008年9月 1日 (月)

法医学リーズン《48》

(2) 表皮剥脱(ひょうひはくだつ)
   表皮剥脱とは、鈍器によって身体を打撲・圧迫・擦過した場合、表皮がは
  がれ、その下にある赤い真皮が露出した状態の損傷をいい、一般には擦過
  傷と呼ばれている損傷のことです。
   表皮剥脱は、外力が弱いときは単独で存在しますが、通常は、皮下出血や
  挫創などと同時に存在します。そして、皮下出血を伴っている表皮剥脱は、
  生存中に受傷した損傷であることを意味します。
  ア 形 状
    表皮剥脱は、通常の場合、鈍器が最初に当った箇所に強く現れ、鈍器が
   作用した方向に向かって線状の擦り傷になっているので、そのことから、鈍
   器が作用した方向を知ることができます。
    なお、角のある鈍器が作用した場合には、その角の部分が当った箇所に
   は、鍵形の表皮剥脱ができます。また、時には、剥離した表皮が弁状に片
   側にめくれていることがありますが、このことから参考図のように鈍器が作
   用した方向を知ることができます。
  イ 革皮様化
    表皮剥脱の部分は時間の経過とともに乾燥し、次第に革皮様化して暗褐
   色に変色していきます。
  ウ 検視上特に注意を要する表皮剥脱
    皮下出血の場合と同様、表皮剥脱の傷だけで人が死に至るようなことは
   ありませんが、頭部に表皮剥脱が存在する場合には、その内部に致命傷
   となる損傷を伴っていることがあります。また、表皮剥脱の形状や土砂など
   の付着物から凶器を推定することができる場合もあります。
    ですから、検視に当っては、表皮剥脱を軽視することはできません。特に、
   顔面及び頸部にあるいわゆる吉川線は、犯罪性を表しているものといえま
   すから、検視上の重要なポイントとなります。

Dscn085240
    (弁  状  の 傷)

|

« 法医学リーズン《47》 | トップページ | 雨の合間に・・・早咲きの秋 »

事件分析」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法医学」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

擦り剥き傷ですね。

子供のころは、しょっちゅうでした。
皮が毟れてぶらさがるほど 擦り剥いたことも覚えています。

アカチンは沁みないけど、ヨーチンは飛び上がるほど沁みた。

犯罪からはほど遠い話ですね。

投稿: 田吾作 | 2008年9月 2日 (火) 01時42分

体に残された証拠。

犯人を特定して欲しいと願う被害者の想いは、法医学の手によって全てが明かされるのでしょう。
しかし、殺人事件かも知れない被害者も、刑事さんの誤った判断で自殺とされたら、司法解剖に回されずに埋葬されてしまう。
という先日のテレビの内容からすると、加害者は完全犯罪を成し遂げた結果につながるのですね。

投稿: 花と風景 | 2008年9月 2日 (火) 06時34分

impact 田吾作さん
生傷の絶えないほど元気なことは子供の勲章でした。
今は、蚊に刺されても親が大騒ぎする時代です。将来を背負って立つ強い子は生まれにくい環境のようですね。
夏目漱石の「坊ちゃん」の書き出しの部分を思い出しました。

impact 花と風景さん
変死の検案では"小さな傷ほど気をつけろ"と言う格言があります。
外表と内部では思わぬ結果が生じることが多々あります。
被害者の人権を擁護する上でも、真剣に仏の話を聞かなくてはいけません。凶悪犯人を逃がさない第一歩は緻密な見分と疑問点の解明です。
もっとも、疑問点もわかない捜査担当者も居るようですが、何とか警察官のレベルアップを図ってもらいたいものです。

投稿: イソップ | 2008年9月 2日 (火) 08時23分

はいー私もおっちょこちょいだったので生傷の絶えない子でした。
赤いところが見えるくらいの傷は、しょっちゅうでしたよ(恥)
あのころはオキシフルで消毒した後、黄色い粉をかけてガーゼを当てたものですが、このごろはそういう治療はしないみたいですね♪
下の息子が私に似て生傷の多い子だったので、「あのー黄色い粉は?」と聞いてしまって爆笑されてしまいました・・・

投稿: きょんち | 2008年9月 2日 (火) 21時34分

impact きょんちさん
昔は皆そうでした。そうして、細菌や雑菌に抵抗力を付けて行ったんです。
今の子は擦り傷でもお医者さんの手を煩わせるんですから・・・
黄色い粉? チョット分かりませんが、もしかしたらハリバ粉のことかも。
何処の家庭にもオキシフルと赤チンは常備薬でしたね。それと富山の置き薬!

投稿: イソップ | 2008年9月 2日 (火) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/41832077

この記事へのトラックバック一覧です: 法医学リーズン《48》:

« 法医学リーズン《47》 | トップページ | 雨の合間に・・・早咲きの秋 »