« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月27日 (水)

法医学リーズン《47》

エ 特に注意を要する皮下出血
  単なる皮下出血だけでは人は死亡しません。ところが、外表からは単なる
 皮下出血と見受けられるものであっても、その内部には、致命傷となる損傷
 を負っていることがあります。また、扼痕のように、皮下出血の存在箇所が、
 自他殺の判断上、極めて重要な資料となることがあります。
 (ア)  頭部及び顔面の皮下出血
     扼死のところで説明したように、頭部及び顔面に損傷を負っている場
   合には、他人と争った可能性が大きいので、頭部及び顔面に存在する皮
   下出血・表皮剥脱は、わずかなものでも軽視できません。特に、頭部に皮
   下出血が生じている場合には、その内部に致命傷となる損傷を負っている
   ことがありますので、頭部については、たとえわずかな皮下出血(こぶや変
   色)・表皮剥脱でも、これを見落としてはいけません。したがって、検視に当
   っては、懐中電灯などの照明具を用いて、頭髪をかき分けて詳細に調べ
   ることが大切です。
 (イ)  上腕内側の皮下出血
     「上腕内側に皮下出血がある変死体は、他殺の疑いを持て」と言われ
   ているほど、上腕内側の皮下出血は検視上重要な意味を持っています。
    それはなぜかといいますと、上腕の内側は、他の鈍器(鈍体)にぶつける
   可能性が少ない上に、皮下出血が生じるまでに自分で上腕を圧迫する可
   能性も少ないからです。つまり、上腕内側の皮下出血は、上腕部を何者か
   に強く握りしめられたことを示しますから、もし、これが変死体に存在して
   いるときには、死者が生前に何者かと争った疑いが極めて強いことを意味
   しています。特に、女性死体の上腕内側に皮下出血が認められる場合に
   は、その上腕内側の皮下出血は殺人事件に直結する、とまでいわれてい
   ますので、女性死体を検視する場合には、両上腕内側を必ず調べる必要
   があります。

Dscn085038_2
  (頭部の皮下出血)

Dscn085139
   (上腕内側の皮下出血) 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

法医学リーズン《46》

2 鈍器による創傷
  法医学上、鈍器(鈍体)とは、鋭い刃がないものや先がとがっていないものを
 総称します。ですから、石塊・丸太・鉄棒・ビン類・下駄などの物体はもちろんの
 こと、手拳・膝・歯・爪などの身体の一部も、この鈍器(鈍体)に含まれることにな
 ります。
  鈍器による創傷は、その鈍器の種類や鈍器が身体に作用した方法・強弱な
 どによって異なった性状を呈しますが、通常、皮下出血・表皮剥脱・挫創・裂創
 に分けられます。
 (1) 皮下出血
    鈍器で身体を打撲あるいは圧迫された場合に、皮膚の下の毛細血管が
   破れて出血し、その血液が皮下組織内にたまることを皮下出血といいます。
    皮下出血は、わずかな打撲や圧迫でも生じるもので、それのみ単独で見
   受けられるものと、表皮剥脱や挫傷などの周囲に生じているものとがあり
   ます。
    なお、心臓が止まった後には、皮下出血は起こりませんので、死体に皮
   下出血が存在する場合は、死者が生存中に何らかの理由により受傷した
   ということになります。
   ア 皮下出血の好発部位
     皮下出血は、打撲あるいは圧迫された場合には、身体のどこにでも生じ
    ますが、特に、皮下近くに骨のある身体の部分では、わずかな打撲・圧迫
    でも生じます。
     なお、小児や老人などは血管が弱いことから、皮下出血ができやすいと
    いわれています。
   イ 形状・程度
     皮下出血は、鈍器(鈍体)が身体に作用し、皮下組織が圧迫されることに
    よって血管が破れて生ずるものですから、身体に作用した鈍器等と同じ
    形状を示すのが通常です。したがって、皮下出血の形状から凶器等の形
    状を推定することができます。
     もっとも、眼瞼や陰のうなどのように、皮下組織が少ない箇所では、小さ
    な血管が切れても出血が強く、変色及び腫脹が強くなりますから、必ずし
    も鈍器等と同じ形状を示しているとは限りません。
   ウ 色調等
     皮下出血を起こした部分は、当初赤くはれ上がっているのが通常ですが
    時間の経過とともに腫れが引き、その色も次第に黒味を帯びていき暗紫
    赤色に変化します。そして、受傷後5~6日ころから黄色味を帯び始め、
    8日くらいで黄色になり、2~5週間で完全に消失してしまいます。  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

法医学リーズン《45》

(3)   創傷各部の名称等
   創傷には、その各部分に法医学上の名称が付けられています。各種の
  創傷を正しく理解するためには、まず、その名称を理解しておかなければ
  なりません。また、創傷の性状によって、成傷器の種類や圧力の加わった
  方向・程度などを推定することができますので、次に、創傷各部分の名称
  とその部分を検視する上での着眼点について、説明します。
   文末の参考図を参照してください。
  ○ 創面・・・傷口を中心とした創傷の表面全体(参考図・平面図全体)をい
          います。創面では、その大きさ(縦・横の長さ)・形状(線状・星
          状・不正形など)・表面の状況(平滑・凹凸の有無)などが検視
          の対象となります。
  ○ 創口・・・傷口(参考図○の付いたア)のことをいいます。創口では、その
          大きさ(長さ・幅)・形状などが検視上の着眼点となります。
  ○ 創縁・・・創口の縁の部分(参考図○の付いたイ)を指します。そして、長
          さ・形状(直線状・ジグザグ状・挫滅状など)などが検視上の着
          眼点となります。
  ○ 創角・・・創の端のところ(参考図○の付いたウ)を指し、創端ともいいま
          す。創角の数及び形状(鋭角・鈍角・破裂状)などが検視上の
          着眼点となります。
  ○ 創洞・・・創口から内部の洞状の部分(参考図○の付いたエ)をいいます。
          創洞では、その深さ・形状(鋭角・鈍角)・架橋状組織片の有無
          などを見ることになります。 
  ○ 創壁・・・創洞の壁(参考図○の付いたオ)のことで、創洞面ともいいます。
          創壁については、その形状(平滑・凹凸・直線・わん曲)や組織
          (血管・骨)の切断状況などを見るのがポイントです。
  ○ 創底・・・創洞の底の部分(参考図○の付いたカ)のことをいいます。
  ○ 架橋状組織片・・・血管・神経・筋肉繊維などが切断されず、創洞に橋を
          架けたようになったもの(参考図○の付いたキ)のことをいいま
          す。架橋状組織片は、鈍器による損傷の場合に多く見受けら
          れます。

      創 傷 各 部 分 参 考 図
Dscn084937
ア・傷口 イ・創縁 ウ・創角 エ・創洞 オ・創壁 カ・創底  キ・架橋状組織片

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

路傍の花たち

過日、酷暑の中を「こんな暑さに負けてなるものか!」としばらく休ませていたNikon F6をお供に自宅付近を汗をかきかき、せっせと歩いてみました。
炎天下にもかかわらず、路傍には、結構、野草などの花たちが咲いていました。
驚いたことに咲く時期でもない花にも出くわし、いよいよ、四季が分からなくなって来てしまいました。そこで、季節毎に花を撮影している場所を尋ねて、また、仰天・・・季節に関係なく咲いている季節の花を次々と発見し、温暖化が進んでいると言う地球に少しでも子孫を残そうとしている自然界の脅威に触れ、野草の強さをしみじみと感じさせられた一日となりました。
こんな事で良いのでしょうか?

one
K01009

two
N01017

three
N01010

four
O01007

five
K01006

six
P01007

seven
K01004

 Nikon F6  /  AF Micro-Nikkor  60mm  /  RVP 100

| | コメント (11) | トラックバック (0)

法医学リーズン《44》

~損 傷 死~

1 概 説
  損傷死体についての自他殺の判断は、比較的容易であるといわれていま
 すが、それは、窒息死の場合に比べて容易であるということであり、様々な
 形態の損傷を伴う死体について、それが自殺であるか他殺であるかを判断
 することは、決して簡単なことではありません。
  また、損傷については、創傷の分類や形状などに難しい法医用語が数多
 く用いられていますので、これらを正しく理解するのもまた大変なことです。
 (1) 定 義
        損傷とは、種々の物理的又は化学的刺激によって身体に障害を起こす
  ことをいいます。そして、損傷は、一般的に傷(きず)という言葉で言い表され
  ていますが、法医学上は、創(そう)傷(しょう)とに区分して用いられていま
  す。すなわち、切創や割創のように、皮膚が切れたり割れたりして傷口が
  できた損傷をといい、皮下出血のように、皮膚が切れたり裂けたりしてい
  ない損傷をといっています。
 (2) 創傷の分類
    創傷は、損傷を負った身体の臓器や組織を基準にしたり、創傷の性状
  を基準にしたりしていろいろな損傷に分類されていますが、ここでは、鋭器・
  鈍器その他の外力の種類を分類基準とする分類に従って説明していきま
  す。そして、その分類によるそれぞれの成傷器等と創傷については次の
  とおりです。
   
   外力の種類による分類
  ① 鈍器による損傷
   ○ 成傷器等
     石・丸太・鉄棒・ハンマーなど
   ○ 創 傷
     表皮剥脱・皮下出血・挫創・裂創

  ② 鋭器による損傷
   ○ 成傷器等
     刀・包丁・鎌・なた・斧・まさかり・ナイフ・かみそりなど
   ○ 創 傷
     切創・割創

  ③ 尖・刺器による損傷
   ○ 成傷器等
     針・釘・錐・千枚通し・アイスピック・あいくち・槍など
   ○ 創 傷
     刺創(刺切創を含む)

  ④ 銃器による損傷
   ○ 成傷器等
     けん銃・小銃・空気銃・猟銃など
   ○ 創 傷
     銃創(弾創・射創)

  ⑤ 特殊な原因による損傷
   ○ 成傷器等
     火・熱湯・毒物・電気など
   ○ 創 傷
     火傷・凍傷・腐食創・電撃創  
    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »