« 一期一会・・・花を訪ねて〔15〕・野菜の花も良く見れば・・・ | トップページ | 一期一会・・・花を訪ねて〔17〕・天女と魔女・・・ »

2008年7月 9日 (水)

一期一会・・・花を訪ねて〔16〕・蜜を求めて・・・

『心に残る思い出の作品』

※ 作品№0175   副題 「めおと蜂」
P01001
 §E100VS
 ラベンダーの蜂蜜はどんな味なんでしょう。 香りは?

※ 作品№0477    副題 「長いストロー」
O01018
 §RVP F
 ・・・私は、どの花を訪れるのも、マイ・ハシならぬマイ・ストローを持って行きます。昔からエコを実践しているんです・・・

|

« 一期一会・・・花を訪ねて〔15〕・野菜の花も良く見れば・・・ | トップページ | 一期一会・・・花を訪ねて〔17〕・天女と魔女・・・ »

フイルム」カテゴリの記事

レンズ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

うわ~、綺麗ですね!!
この柔らかい色合いは何ともいえませんね~。

お花の色にも驚きましたが、二匹の蜂とラベンダーにピントが当たって他はボケてます。
むむむ、イソップさんは魔術師みたいですね。
フィルムでこれができるなんて信じられません!

マイ・ストローをいつもご持参ですか?
さすが洞爺湖サミットの議長国だけあって、セセリチョウもエコひいき!

投稿: 瑠璃 | 2008年7月10日 (木) 00時11分

impact 瑠璃さん
結構ラベンダーの色を出すのには苦労します。益してフレンチラベンダーとなるとなお更なんです。でも、これは、実はコダックのフイルムを使ったんです。それが魔術師、いや、魔法使いの種明しです。
こういうグラデーションの多さはデジよりフイルムの勝ちですね。
セセリのほうは富士のベルビアですが、こうして見ると電気処理をしてもエマルジョンの違いが出るようです。

投稿: イソップ | 2008年7月10日 (木) 00時33分

やっぱり写真はフィルムなんですね。

実に美しい。

なにも言わずに田吾作は、ただ見るだけ。


投稿: 田吾作 | 2008年7月10日 (木) 03時09分

ラベンダーの色が凄く良い色ですね。
蜂と蝶の表情も良く見てとれます。
ウーン、と唸ってしまいます。

投稿: 花と風景 | 2008年7月10日 (木) 07時48分

impact 田吾作さん
銀塩写真は、デジのように何枚も自由に使えません。
被写体をよく観察し、一発勝負ということが基本ですが、時により10枚くらい撮るときもあります。
やはり、色の違いは、現在のところではどうにもならないでしょうね。でも、これから変わって行くかも・・・


impact 花と風景さん
質感描写はどうしても被写体に当る光線の方向や光量に大きく左右されます。オート・カメラを使っていても、微妙な補正は勘に頼るしかありません。

投稿: イソップ | 2008年7月10日 (木) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/41789636

この記事へのトラックバック一覧です: 一期一会・・・花を訪ねて〔16〕・蜜を求めて・・・:

« 一期一会・・・花を訪ねて〔15〕・野菜の花も良く見れば・・・ | トップページ | 一期一会・・・花を訪ねて〔17〕・天女と魔女・・・ »