« 法医学リーズン《42》 | トップページ | 一期一会・・・花を訪ねて・思い出の一枚〔7〕 »

2008年6月21日 (土)

一期一会・・・花を訪ねて・思い出の一枚〔6〕

『作品の優劣ではなく、それぞれに、撮影のいきさつ、使用資機材、構図の組立、発色の忠実度など、心に残る思い出がある』

※ HCOP作品 №0020          副題「木陰で静かに」

Q01105
 花魁の唇のように何とも毒々しい赤色、撮影のチャンスは一度だけ、木に咲く花なんです。それも、薄日の射す木陰のところに。
 名前は分かりません。ご存知の方、教えて下さい。

 § RDP Ⅲ

|

« 法医学リーズン《42》 | トップページ | 一期一会・・・花を訪ねて・思い出の一枚〔7〕 »

フイルム」カテゴリの記事

レンズ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

深みのある写真。

デジでは出ない味のような気がします。
田吾作如きがなにを言うか、とデジ派から叱らそうですけど、思ったまま・・・。

投稿: 田吾作 | 2008年6月22日 (日) 05時03分

impact 田吾作さん
おっしゃるとおり、こういう写真になるとフイルムとデジタルの違いを痛切に感じます。
質感というか、色の深みというかどこかが違います。

投稿: イソップ | 2008年6月22日 (日) 06時42分

私のリバーサルは現像に。
出してみたけど結果は24日にならないと分からない。
初めて挑戦したフイルム写真は、結果を待つ間の緊張感で私の心臓は破裂寸前です。
結果が出たらスキャナーの心配が待っている。
破産しそうでこちらも心配。
でも、待ち遠しいなーーー

投稿: 花と風景 | 2008年6月22日 (日) 07時22分

impact 花と風景さん
それは楽しみ!
早く24日が来るといいですね。デジで基礎が出来ているから大丈夫ですよ。
その、ドキドキ感がリバーサルの醍醐味です。是非見せてください。

投稿: イソップ | 2008年6月22日 (日) 08時56分

木に咲くお花の撮影も難しいですが、一度のチャンスを物にされてさすがですね~。
本当に色に深みがあって見ていて飽きませんね~。

昨日このお花を見て名前が思い出せずに一日待ちましたが結局ダメでした。
ベトナムにも咲いているんですよ!! 夾竹桃の親戚筋に当たるようです。
で、南国にあるのではないかとネット検索しました。
学名でしょうか? 
アデニュウム・オベスムではないかと思いますが如何でしょう?

投稿: 瑠璃 | 2008年6月22日 (日) 16時33分

impact 瑠璃さん
お手数をかけ有難うございました。
やはり、南方系の花のようですね。なかなか難しい名前で探しても分からなかったはずです。大変助かりました。
とにかく、一度咲いたのを見ただけで、その後、何回か行って見たのですが逢えませんでした。
自分では、貴重な思い出の写真となりました。

投稿: イソップ | 2008年6月22日 (日) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/41599289

この記事へのトラックバック一覧です: 一期一会・・・花を訪ねて・思い出の一枚〔6〕:

« 法医学リーズン《42》 | トップページ | 一期一会・・・花を訪ねて・思い出の一枚〔7〕 »