« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

法医学リーズン《35》

イ  頸部
   頸部の状況を見るに際しては、先に説明した扼痕といわゆる吉川線を見
  落とさないということが最大のポイントになります。
   まず、扼痕ですが、表皮剥脱及び皮下出血を伴った扼痕、革皮様化して
  暗褐色に変色した扼痕を見落とすことはまずないでしょう。しかし、ニキビな
  どの‘できもの’の跡のような形状や色調を呈する扼痕もありますので、注意
  を要します。
   ところで、問題は、扼痕に表皮剥脱が伴わなかったり、外表に皮下出血の
  形跡が見られなかった場合(特に、被害者が乳幼児や病弱者の場合)です
  が、このような場合でも、その大部分は、皮下組織には出血を伴っています
  ので、当該圧迫部はやがて暗紫赤色あるいは暗褐色に変化します。
   ちなみに、人の皮膚が革皮様化により暗褐色に変化するのは、その原因
  が生じてから2~3時間後といわれていますから、早期に発見された変死体
  については、時間をかけて検視することによって、扼痕の見落としを防止す
  ることができます。
   次に、いわゆる吉川線については、法医学リーズン《30》のところで説明し
  ましたが、被害者が頸部を圧迫しているもの(扼殺では犯人の手等)を取り除
  こうとして、自分の頸部までもかきむしり、その結果、頸部には爪による表皮
  剥脱を伴うのが通常です。
   したがって、頸部にこのような傷がある場合には、他殺の疑いが極めて強
  いことになります。このように、扼痕及びいわゆる吉川線は、検視をする際の
  着眼点として重要なものです。
   しかし、扼痕又はいわゆる吉川線であると明らかに分かるような残り方を
  する例は少ない上、特に、古い死体では、扼痕であるか腐敗による変色で
  あるかを見分けることが困難です。したがって頸部に納得のいかない傷や
  原因不明の変色がある場合には、より慎重な検視を行わなければなりませ
  ん。
ウ  手・足等
   扼殺の場合、犯人と被害者の間に攻防が行われる結果、被害者の頭部や
  顔面に損傷が存在することが多いということは前に説明しましたが、さらに、
  扼死では、被害者が窒息死するまでの間、最後の力を振り絞って暴れます
  から、手や足に擦過傷や打撲傷などを負っている例が多く見られます。
   したがって、検視に当っては、顔面や頸部だけでなく手・足などについても
  十分に調べる必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

法医学リーズン《34》

(2)  検視上の着眼点
    縊死及び絞死では、自殺・他殺の双方の場合があることから、自他殺判
   断上のポイントについて記述しましたが、扼死はその100%が他殺ですか
   ら、ここでは、検視を行う際に見落としてはならない点を中心に説明します。
   ア  顔面及び頭部等
      扼死においては、縊死や絞死の場合よりも顔面のうっ血・腫脹及び眼
     瞼結膜・口腔粘膜等の溢血点が著明に現れているのが通常ですし、時
     には、外耳孔・鼻腔等から出血していることもあります。
      顔面のうっ血・腫脹及び眼瞼結膜等の溢血点が著明に発現している
     ときには、これを見落とすことはありませんが、問題は、眼瞼結膜や口
     腔粘膜の奥の方にわずかに発現しているだけという場合です。
      このような場合、溢血点が発現していないから事件性はないと安易に
     判断することなく、まぶたを二重にまくるとか、口びるを裏返すなどして
     詳細に調べることが大切です。
      顔面のうっ血・腫脹及び眼瞼結膜等の溢血点の発現は、頸部圧迫に
     よる窒息死の定型的所見ですから、これを見落とさないようにしなけれ
     ばなりませんが、さらに、顔面及び頭部の損傷の有無についても、慎重
     に調べる必要があります。というのは、顔面及び頭部の損傷は、他人と
     争ったために生じたものが多いからです。
      もちろん、扼死体に限らず、縊死体・絞死体などのあらゆる変死体を
     検視する場合には、顔面や頭部のわずかな皮下出血や表皮剥脱でも
     見落とさないようにしなければなりませんが、特に、扼死体の場合は、
     より一層の注意が必要です。
      扼殺は、被害者の頸部を直接手や腕等で圧迫して窒息死させるわけ
     ですから、犯人と被害者との間に相当な力の差がない限り、いきなり圧
     迫できるものではありません。そこで、犯人は、被害者を痛めつけて力
     の差を広げようと殴る蹴るなどの暴行を加えることが多く、その暴行は
     被害者が窒息死する直前まで継続するものと考えられます。
      また、扼殺の場合には、窒息死するまでに相当の時間がかかります
     から、被害者の息苦しい状態も継続します。被害者は、その息苦しさか
     ら逃れようと必死に抵抗を続け、これに対して、犯人は、顔面等を押さえ
     付けるなどして被害者の抵抗を弱めようとします。このようなことから、
     扼殺の被害者が顔面及び頭部に損傷を負っている可能性が極めて強
     いということになるのです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

法医学リーズン《33》

(イ)    扼痕の個数・形状
    扼痕は、両手で頸部を圧迫した場合には10個、片手で圧迫した場合に
  は5個というように、すべての指の跡が残っているように考えられがちです。
    しかし、現実には、すべての指の跡が残っていることは少なく、例えば、
  拇指の跡が1個だけであったり、中指の跡が1個だけということもあります。
  また、扼殺の際、被害者の抵抗により手がずれた場合には、これとは逆に
  拇指の跡が3~4個も見受けられることもあります。したがって、扼殺の場合
  にはすべての指の跡が残っているだろうという先入観を排除して検視に当ら
  なければなりません。
    また、扼痕は、頸部を手で強く圧迫することによって発現するものですか
  ら、手指が作用した形に残ります。特に、硬い爪は最も強く作用しますから、
  爪の形に相応する扼痕が残っている例が多く見られます。そのため、扼痕を
  三日月形爪痕と称している学者もあります。
    しかし、これは、定型的な扼痕の例であり、扼痕の中には、指の形とは全
  く異なったもの、例えば、ニキビをつぶした跡やカミソリ負けの跡などのような
  形状を呈するものもあり、その形状は様々です。
(ウ)    扼痕の色調
    扼痕は、その大部分が表皮剥脱や皮下出血を伴っていますから、新しい
  扼痕は通常、暗赤色を呈しています。そして、表皮剥脱や皮下出血を伴った
  部分の皮膚は、時間の経過とともに乾燥して革皮様化し、暗褐色に変色して
  いきます。
    ただ、乳幼児や病弱者のように、わずかな圧迫でも死亡してしまう者が被
  害者である場合には、表皮剥脱や皮下出血の形跡もなく、当該圧迫部の皮
  膚がわずかに淡白色に変色している程度のこともあります。この場合の変色
  は、頸部を動かすとすぐに消えてしまいますから、死体の取扱いには十分に
  注意しなければなりません。
    しかし、このような場合でも、圧迫部の皮下組織は出血しているのが通常
  ですから、当該圧迫部は、時間の経過とともに、暗紫赤色に変色(打撲後に
  見られる変色と同じ)したり、あるいは、次第に乾燥して革皮様化し、暗褐色に
  変色していきます。
エ その他の外部所見
  死斑、糞・尿失禁、陰茎の勃起、射精などの所見は、絞死の場合とほぼ同様
 です。
  なお、舌の挺出は、縊死の場合のように必ず所見されるというわけではありま
 せんが、多くの事例において見受けられます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

法医学リーズン《32》

ウ 扼 痕
  扼殺は、手等で直接に頸部を圧迫しますから、頸部には、その証拠として
 指や爪又は腕等が作用した跡が残り、法医学上、これを扼痕と呼んでいま
 す。
  扼痕は縊死や絞死の場合における索溝に相当するものですから、この扼痕
 を見落とさないということが、検視上の最大のポイントです。
  そして、扼痕は、その形状・色調などが様々な上に、腕や足で圧迫した場合
 は、帯やタオルなどの柔らかくて幅の広い索条で絞殺した場合と同じように、
 外見的には全く扼痕が見受けられないことがありますので、十分注意しなけれ
 ばなりません。
 (ア)  扼痕の部位
     通常、扼痕は、喉頭(のど仏)の両側及び両側頸部に残されています。
   それは、扼殺する場合の多くは、犯人と被害者が正対した格好になり、犯人
   は前方から被害者の頸部の喉頭部を中心にして手を掛け、にぎりつぶすよ
   うにしながら頸部を圧迫するためです。
     しかし、子供などのように首の細い者を大きな手で圧迫した場合は、指先
   が後頸部まで達してしまいますから、その場合には、後頸部にも扼痕が見ら
   れることがあります。
     また、扼殺する場合、犯人は、頸部の上下の中間に手を掛けることが多
   いと思われますが、慌てたり、あるいは、被害者の抵抗などにより、手がず
   れたりした場合には、顎に近い部分又は逆に肩口に近い部分に扼痕が残っ
   ていることもあります。
     なお、正面から両手で頸部を圧迫した場合、通常、拇指の扼痕は喉頭部
   及びその両側に、他の指の跡は頸部の両側に残り、後方から圧迫した場合
   には、これとは逆になります。また、犯人が正面から片手で圧迫した場合に
   は、喉頭部付近に拇指の扼痕1個が残り、その他の指の跡は、いずれかの
   側頸部に残っていることになります。
     そして、これらの扼痕は犯人の利き腕を推定する資料として役立ちます。
     なぜなら、片手で扼殺する場合には、犯人は、通常、利き腕で頸部を圧
   迫することが多いはずですから、右手の扼痕が残っていれば、犯人は右利き
   と一応いえますし、両手で扼殺する場合には、利き腕の方の扼痕が強く残り
   ますから、その扼痕から利き腕を推定できるのです。しかし、犯人の力が被
   害者の力よりも極めて強い場合は、利き腕に頼る必要がなくなりますから、
   扼痕だけで利き腕を断定することは危険です。

Dscn084534
             扼 痕 の 状 況

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

法医学リーズン《31》

4   扼 死
   扼死とは、頸部が手又は腕(時には足)で圧迫されることによって窒息死す
  ることをいいます。扼死はそのほとんどすべてが他殺といってもよく、自殺と
  いうことはおよそ考えられません。なぜなら、自殺しようとして自分の手で頸
  部を圧迫した場合、いわゆる息苦しい状態までは圧迫を加えることができま
  すが、窒息死前の意識が薄れて行く段階で、頸部を圧迫する力が弱くなって
  しまい、死亡するまで圧迫を続けることは不可能だからです。
   そういった意味で、扼死は、扼殺と言葉を置き換えることができます。
   扼殺は、頸部を手又は腕等で直接圧迫して窒息死させるものですから、被
  害者の抵抗が強いとなかなか成功しません。そのため、過去における扼殺
  の被害者は、子供・女性・病弱者など力の弱い者が大半を占めています。
 (1)    扼死体の外部所見
     扼死の死体所見は、絞死の場合の死体所見とほぼ同様です。ただ、扼
   頸の場合の頸部圧迫の程度は、縊死・絞死の場合の頸部圧迫よりも弱くて
   不十分な上に、気管及び血管閉塞までに時間がかかりますから、顔面の
   うっ血や溢血点は、より著明に発現します。
   ア  顔面のうっ血・腫脹
      顔面のうっ血・腫脹は著明で、時には、顔面の表皮にも溢血点が見ら
     れることがあります。最も、乳幼児や病弱者などは、わずかな頸部圧迫
     で死亡してしまいますから、顔面のうっ血・腫脹が見られないこともあり
     ます。
   イ  眼瞼結膜・眼球結膜等の溢血点
      溢血点も、顔面のうっ血・腫脹と同様に、眼瞼結膜・眼球結膜・口腔粘
     膜(くちびるの裏側・歯ぐき等)に著明に発現し、溢血点が集合して溢血
     斑を形成している例も多く見られます。ただ、時としては、眼瞼結膜の奥
     の方や口腔の奥の粘膜だけにわずかに発現していることもあり、特に、
     乳幼児や病弱者が被害者の場合には、うっ血・腫脹と同様に溢血点の
     発現が極めて少ないことがあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

法医学リーズン《30》

(2) 自他殺判断上の着眼点
   絞殺、自絞死とも、同一の死体所見を呈します。したがって、死体所見か
  ら自他殺を判断することは、極めて困難です。結局は、自殺の動機がある
  か、絞頸以外に他の致命傷があるか、他人から加えられた損傷があるか、
  現場に不自然な状況はないか、などを検討して総合的に判断するほかは
  ありません。
   ただ、自絞死であるとすれば、索条の掛け方絞め方は、死者が自分の独
  力でやれるような掛け方、あるいは絞め方でなければなりませんから、その
  可能性を十分に検討することが大切です。

◎ 捜査官として、自他殺を判断する一般的着眼点

① 索条の有無
 ○ 自絞死
   ・ 索条は、頸部を絞めたままの状態になっている。
     (ただし、発見者・家族などが外していることがある)
  ● 絞 殺
   ・ 索条が頸部から外されている場合、他殺の可能性が強い。
     (統計上、約70%が索条が取り外されていた)

② 索条の種類
 ○ 自絞死
   ・ 柔らかくて皮膚に痛みを感じないようなもの、例えば、腰紐・たすき等を
    使用することが多い。
 ● 絞 殺
   ・ 革バンド・荒縄等、硬くて痛みを感じるものを使用し、特に、針金を使用
    しているときは他殺の疑いが強い。

③ 索条の継ぎ足しの有無
 ○ 自絞死
   ・ 索条を継ぎ足し、長くして使用しているときは自殺が多い。
 ● 絞 殺
   ・ その場にある物を使用していることから、継ぎ足していないことが多い。
     (ただし、計画的犯行の場合を除く)

④ 索条の部位
 ○ 自絞死
   ・ 索条は、頸部のほぼ中央部を水平かつ整然と囲周している。
 ● 絞 殺
   ・ 索条が頸部の上・下に乱れて巻かれていることが多い。
   ・ 索条が口や顎に掛かっているときは他殺。

⑤ 索条の囲周回数
 ○ 自絞死
   ・ 自殺の場合、囲周回数が多い。通常は2~3回以上巻かれていること
    が多いが、例外として、1回ということもある。
 ● 絞 殺
   ・ 他殺の場合、何回も首に巻きつけている余裕がないために、通常は
    1回、多くても2回程度である。

⑥ 索条の本数
 ○ 自絞死
   ・ 自殺の場合、1本の索条で絞めている。
     (2本以上で絞めることは、不可能)
 ● 絞 殺
   ・ 2本以上の索条で絞めているときは、他殺である。
     (1本の索条では、生き返ってしまうと考えて、さらに索条を追加して使用
      することがあるからである)

⑦ 索条の緊縛状態
 ○ 自絞死
   ・ 一般的に下側が強く、上側は緩くなっている。
     (絞めているうち徐々に力が入らなくなるため)
  ● 絞 殺
   ・ 2回以上巻かれていることは少ないが、2回以上巻かれているときは、
    一番下が強くて、途中は緩く、最後に最も強い。
     (とどめをさしている)

⑧ 索条の結節の有無等
 ○ 自絞死
   ・ 頸部に巻いた索条を結んでないことは数少ない。
     (これは、結ばないと索条が緩んで意識を回復するためであるが、例外的
     には、ゴム紐など結ばなくても緩まないものを使用した場合に、結節のな
     いことがある)
      ・ 結び目は、最初強く、終わりに従って弱くなっている。
 ● 絞 殺
   ・ 原則的には、結び目がないときは他殺である。
   ・ 結び目が多数あるとき、又は、最後の結び目が強くなっているときも他殺
    の疑いが強い。
     (これは、自殺の場合、徐々に力が入らなくなって行くため、自殺者には
     不可能なことだからである)

⑨ 結節の位置
 ○ 自絞死 
   ・ 結び目は、結ぶのに都合の良い前頸部正中や後頸部正中が一般的であ
    る。ただし、いずれかの手が不自由な者の場合、側頸部(弱い手の方)に
    あることがある。
 ● 絞 殺
   ・ 頸部の正中線にあることもあるが、一定していない。
   ・ 正中線に結び目がないときは他殺の疑いが強い。

⑩ 両端末までの長さ
 ○ 自絞死
   ・ 索条が長い場合は別として、通常、索条の末端は、結び目からほぼ同
    じ長さになっている。
 ● 絞 殺
   ・ 結び目からの索条の長さが不ぞろいの場合は、他殺の疑いが強い。
     (あわてて絞めるために、両端の長さが不ぞろいになる)

⑪ 狭雑物の有無
 ○ 自絞死
   ・ 索条の下及び間に、髪や着衣等をはさんでいることが少ない。
 ● 絞 殺
   ・ 頭髪・着衣の襟・雑草などをはさんでいるときは、他殺の疑いが強い。

⑫ 頸部損傷の有無
 ○ 自絞死
   ・ 頸部に爪痕や吉川線などの損傷はない。
 ● 絞 殺
   ・ 頸部を絞められた際、索条を取り除こうとして被害者が自分の頸部を
    引っ掻いた傷跡(吉川線)や、爪痕が残されていることがある。

⑬ 手指・掌への繊維の付着
 ○ 自絞死
   ・ 自殺の場合、自分で自分の頸部を絞めることから、手指・掌に索条の
    繊維が付着している。
 ● 絞 殺
   ・ 他殺の場合、被害者が、絞められるのを防ぐために、索条を取り除こ
    うとすることから、その指頭に若干付着していることもあるが、手掌面に
    は付着していない。

※ 吉川線=よしかわせん=警視庁の元鑑識課長、吉川氏が発表した殺人
        (絞扼殺)被害者の前頸部に縦に走る引っ掻き傷をいう。
        絞扼殺の場合、被害者は頸部にかかっている索条や加害者の
        指又は腕などをもぎ取ろうとして索条や加害者の腕ばかりでなく
        自分の頸部にまで爪を立てるために表皮を剥脱し、縦に走る創
        傷を作ることがある。この創傷を吉川線といい、吉川線があれば
        殺人とまでいわれる。

        

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

法医学リーズン《29》

エ  眼瞼結膜及び眼球結膜等の溢血点
   絞死の場合、頸動脈・椎骨動脈の圧迫が不十分であるため、血液が頭部
  へ流れ込んでたまることについては前に説明しましたが、その流れ込んで
  たまった血液は、やがて眼瞼結膜・眼球結膜・口腔部粘膜など柔らかい粘
  膜のところに、蚤刺大(そうしだい=蚤が刺したようなあとの大きさで直径1mm
    未満のもの)・粟粒大(ぞくりゅうだい=粟粒の大きさで直径1~2mm大のもの)・
Dscn084433_3 米粒大(べいりゅうだい=米粒の
大きさ)などの大きさににじみ出
ます。これが、溢血点ですが、
絞死の場合ではこの溢血点が
顕著で、時には、これらが集合
して溢血斑として現れることが
あります。
 しかし、これとは逆に溢血点が
不鮮明な場合や眼瞼結膜の奥の方にだけ現れる場合などもまれにありますから、 ピンセット等を用いてまぶたを二重にめくり上げて調べる必要があります。
 ※ このようにピンセットを用いて        
   調べること              

オ  死斑の状況
   死斑は、早い時期に、しかも広範かつ顕著に現れます。通常、背部・腹部
  等に多く見られますが、死亡後の体位を知る上で重要なことになりますから、
  検視においては、正確に調べることが大切です。
カ  その他の死体所見
   縊死の場合と同様に、舌が挺出し、さらには、糞・尿失禁が見られますし、
  時には、精液・月経血を漏出していることがあります。また、外耳孔や鼻腔
  から出血していることもあります。

| | コメント (66) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »