« 法医学リーズン《33》 | トップページ | 法医学リーズン《35》 »

2008年5月27日 (火)

法医学リーズン《34》

(2)  検視上の着眼点
    縊死及び絞死では、自殺・他殺の双方の場合があることから、自他殺判
   断上のポイントについて記述しましたが、扼死はその100%が他殺ですか
   ら、ここでは、検視を行う際に見落としてはならない点を中心に説明します。
   ア  顔面及び頭部等
      扼死においては、縊死や絞死の場合よりも顔面のうっ血・腫脹及び眼
     瞼結膜・口腔粘膜等の溢血点が著明に現れているのが通常ですし、時
     には、外耳孔・鼻腔等から出血していることもあります。
      顔面のうっ血・腫脹及び眼瞼結膜等の溢血点が著明に発現している
     ときには、これを見落とすことはありませんが、問題は、眼瞼結膜や口
     腔粘膜の奥の方にわずかに発現しているだけという場合です。
      このような場合、溢血点が発現していないから事件性はないと安易に
     判断することなく、まぶたを二重にまくるとか、口びるを裏返すなどして
     詳細に調べることが大切です。
      顔面のうっ血・腫脹及び眼瞼結膜等の溢血点の発現は、頸部圧迫に
     よる窒息死の定型的所見ですから、これを見落とさないようにしなけれ
     ばなりませんが、さらに、顔面及び頭部の損傷の有無についても、慎重
     に調べる必要があります。というのは、顔面及び頭部の損傷は、他人と
     争ったために生じたものが多いからです。
      もちろん、扼死体に限らず、縊死体・絞死体などのあらゆる変死体を
     検視する場合には、顔面や頭部のわずかな皮下出血や表皮剥脱でも
     見落とさないようにしなければなりませんが、特に、扼死体の場合は、
     より一層の注意が必要です。
      扼殺は、被害者の頸部を直接手や腕等で圧迫して窒息死させるわけ
     ですから、犯人と被害者との間に相当な力の差がない限り、いきなり圧
     迫できるものではありません。そこで、犯人は、被害者を痛めつけて力
     の差を広げようと殴る蹴るなどの暴行を加えることが多く、その暴行は
     被害者が窒息死する直前まで継続するものと考えられます。
      また、扼殺の場合には、窒息死するまでに相当の時間がかかります
     から、被害者の息苦しい状態も継続します。被害者は、その息苦しさか
     ら逃れようと必死に抵抗を続け、これに対して、犯人は、顔面等を押さえ
     付けるなどして被害者の抵抗を弱めようとします。このようなことから、
     扼殺の被害者が顔面及び頭部に損傷を負っている可能性が極めて強
     いということになるのです。

|

« 法医学リーズン《33》 | トップページ | 法医学リーズン《35》 »

事件分析」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法医学」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

今日フイルムカメラのデビューでした。
何か、自信ないですね。
まだ、20枚しか撮らなかったので現像に出してない。
たぶんフイルムを20本以上は無駄にするのではないでしょうか。

投稿: ヤクシン | 2008年5月27日 (火) 21時09分

impact ヤクシンさん
おめでとう御座います。
いよいよ、銀塩デビューですね。
デジと違って、消して撮り直しが出来ないところが辛いところですが、一枚、一枚の重みが違います。これからが試行錯誤、葛藤との戦いです。初めから自信が持てたら苦労はしませんよ。
フイルムは何をお使いですか?
現像が楽しみですね。

投稿: イソップ | 2008年5月27日 (火) 21時20分

イソップさんの不思議な世界。

病死以外の死体に接したことのない田吾作には推理小説の世界です。

刑事・田吾作が間抜けな捜査をして、法医学者の先生に講義されている図。


外は明るくなりました。

投稿: 田吾作 | 2008年5月29日 (木) 04時53分

田吾作師匠は徹夜ですか?
今日は雨が降っています。
写真を撮るには不向きな天候です。

今日は家の中でゆっくりされると良いでしょう。

余計な事を申しました。

投稿: ヤクシン | 2008年5月29日 (木) 06時19分

impact 田吾作さん
このシリーズは、毎日大勢の方が訪れますが、なかなか、コメントがしづらいのか、ありません。
でも、読んでいただいて少しでもお役に立てばと自分も復習の心算で資料を紐解きながら何とか続けています。

まあ、出来の悪い"殺人推理小説"のつもりで御笑読下さい。

impact ヤクシンさん
田吾作師匠の身上を気遣うなんざ大したもんじゃ。

やっぱり、こういうところに人間性を覗えるものですね。happy01

投稿: イソップ | 2008年5月29日 (木) 11時13分

ヤクシンさん

お気遣い、ありがと。

田吾作は空が明るくなると寝るのです。
田吾作のほかには泥棒がそうです。


イソップさんのお庭を借りて、ヤクシンさんとのやりとり、すみません。

投稿: 田吾作 | 2008年5月30日 (金) 18時36分

impact 田吾作さん
どうぞお気遣いなく、遠慮は要りません。
どんどん使ってやってください。
ヤクシンさんも遠慮なく使ってください。仲の良いお二人がやり取りされるのは私にとっても嬉しい限りです。

投稿: イソップ | 2008年5月30日 (金) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/41323790

この記事へのトラックバック一覧です: 法医学リーズン《34》:

« 法医学リーズン《33》 | トップページ | 法医学リーズン《35》 »