« 法医学リーズン《27》 | トップページ | 法医学リーズン《29》 »

2008年4月15日 (火)

法医学リーズン《28》

ア 索 溝
  縊死の場合と同様、死者の頸部には索溝(絞死の場合、絞溝とも言う)が
 残っています。絞死の索溝は、縊死の場合と異なり、甲状軟骨(のどぼとけ)
  の高さのところを水平輪状に一周しているのが通常です。
  索溝の深さは、柔らかい前頸部にやや深く残っており、また、索条に結節
 がある場合には、当該結節の部分が特に深くなっています。
  さらに、索溝は、強く絞められたとき、索条が長く巻き付けられていた時、
 細い索条で絞められたときなどには、細くかつ深く残っていますが、その逆
 の場合には、浅く、時には、不鮮明で見落としがちです。死者が乳・幼児で
 ある場合には、わずかな圧力で窒息するために、索溝が不鮮明なことがあ
 りますから、十分に注意しなければなりません。
イ 皮下出血
  索溝の箇所には、皮下出血が見られるのが通常です。特に、細くて固い
 索条によって絞められた場合には、表皮が剥脱されて血がにじみ出ていた
 り、あるいは、皮膚が挫砕して血漿がにじみ、凝結して革皮状になっている
 ことがあります。これに対して、柔らかくて幅の広い索条で絞められた場合
 には、皮下出血等が見られないことがありますので注意しなければなりませ
 ん。
ウ 顔面のうっ血・腫脹
  次項で説明する溢血点の出現と同様の理由から、顔面は、著しくうっ血・
  腫脹し、口唇のチアノーゼも顕著です。ただし、これは溢血点についても
  いえることですが、乳・幼児の場合には、うっ血が見られないことがありま
  すので、十分注意しなければなりません。

Dscn084231_3
 ※ 索溝前頸部の状況

Dscn084332_2
 ※ 索溝後頸部の状況

|

« 法医学リーズン《27》 | トップページ | 法医学リーズン《29》 »

事件分析」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法医学」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/40815265

この記事へのトラックバック一覧です: 法医学リーズン《28》:

« 法医学リーズン《27》 | トップページ | 法医学リーズン《29》 »