« 法医学リーズン《22》 | トップページ | 庭に貝母(ばいも)が咲いていました »

2008年3月29日 (土)

法医学リーズン《23》

(1)   定型的縊死
   定型的縊死とは、足が地上から完全に離れて全体重が索条に掛かり、
  しかも、索条が前頸部から左右対称的に両側頸部を後ろ上方に向かい、
  耳介の後方から後頭部に達している形態の縊死を言います(下記参考図
  参照)。
   なお、定型的縊死では、体重の全部が急激に頸部へ掛かるため、頚動
  脈はもとより、椎骨動脈までも完全に閉塞されてしまいますので、頭部や
  顔面への血液の流れも完全に止められてしまいます。

    定型的縊死の全体図
Dscn083726_2

    定型的縊死の索条の状況
Dscn083827_4
Dscn083928_8
  したがって、定型的縊死の死体
 所見は、同じ窒息死である非定
 型的縊死・絞死・扼死などとは異
 なった現れ方をします。












(2)  非定型的縊死
   定型的縊死以外のすべての縊死を非定型的縊死といいます。
   すなわち、足その他身体の一部が地上に着いていて、全体重が頸部に掛
  かっていないものや、索条の掛かり方が左右対称でないもの、あるいは、索
  条の結節が側頸部や前頸部にあるものなどが非定型的縊死です(下記参考
  図参照)。
   そして、非定型的縊死の多くは、全体重が頸部に掛からないため、頸部の
  閉塞は不完全で、椎骨動脈や頸動脈から血液が頭部及び顔面へ流れてい
  きます。その結果、定型的縊死に近い非定型的縊死を除いては、窒息死特
  有の死体所見が見られる場合がほとんどです。

Dscn084029
  
     

|

« 法医学リーズン《22》 | トップページ | 庭に貝母(ばいも)が咲いていました »

事件分析」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法医学」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントが何処かへ行ってしまった。

昨夜のうちの載せたのですが見当たりません。

〔怖くて夢を見そう・・・〕と言ったのですが、夢を見なくて済みました。

明日は見るかな?
改めて見て、やはり怖い。
病死のほうがいいですね。


投稿: 田吾作 | 2008年3月30日 (日) 03時01分

camera田吾作さん
自殺なんてするものではありません。発見されれば必ず警察の検視があります。裸にされ、頭のてっぺんから足の先まで見分され、写真を撮られます。

ココログはメンテが終わってからおかしくなりました。ご覧のとおり、変なスペースが出来たり、投稿した記事が行方不明になったり、散々な目にあっています。メンテで調子がおかしくなったなんて、笑い話にもなりません。
会社に変わってお詫びいたします。
申し訳ありません。bearing

投稿: イソップ | 2008年3月30日 (日) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/40654046

この記事へのトラックバック一覧です: 法医学リーズン《23》:

« 法医学リーズン《22》 | トップページ | 庭に貝母(ばいも)が咲いていました »