« 法医学リーズン《20》 | トップページ | 法医学リーズン《22》 »

2008年2月29日 (金)

法医学リーズン《21》

(4)  窒息死体の一般的外部所見
   このような所見があれば絶対に窒息死である、と断定できるような窒息死
  特有の死体所見というものはありません。窒息の種類や経過によって異な
  った死体所見を呈するからです。したがって、その死因が窒息なのか否かを
  判断することは非常に困難ですが、結局、当該死体には窒息死にしばしば
  見られるような死体所見があるかどうか、窒息の原因となった痕跡があるか
  どうかなどを総合的に検討して判断するほかはありません。
   窒息死体には、通常、次のような所見があります。
  ア 顔面がうっ血し浮腫状(チアノーゼ・・・顔面がうっ血し、むくみあがった状
       態)を呈しています。しかし、通常、定型的縊死や鼻口圧迫による外呼吸口
   の閉塞(特に乳幼児)などの場合には、このような所見はありません。
  イ 眼瞼結膜(まぶたの裏)・眼球結膜(目玉の白い部分)などに溢血点が出て
   います。ただし、定型的縊死や鼻口圧迫による外呼吸口の閉塞などの場
   合には、溢血点の発現もないのが通常です。
  ウ 死斑が早くかつ強く現れます。これは、窒息死した場合には、血液が流
   動性になるためであるといわれています。ただし、溺死の場合には、死斑
   が見られないのが通常です。
  エ 糞・尿・精液を洩らし、時には、陰茎が勃起していることがあります。
    これは、死亡直前における痙攣によるものといわれています。
  オ 頸部圧迫があったときには、舌をかんでいます。これは、頸部を圧迫す
   ると、同時に舌根部が押し上げられるために、舌が口から出てしまうことに
   より生じる所見です。
(5) 窒息死体の内部所見
   窒息死の内部所見については、3大所見といわれているものがありますが、
  これは、解剖の結果、初めて分かることなので、ここでは、その項目を挙げる
  にとどめておきます。
  ア 血液が暗赤色で流動性になる。
  イ 心臓・肺臓等の臓器に溢血点が現れる。
  ウ 各臓器がうっ血している。

|

« 法医学リーズン《20》 | トップページ | 法医学リーズン《22》 »

事件分析」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法医学」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

アレレ・・
消えちゃった。
絵文字を入れようとしたら全部消えちゃった。

折角、田吾作が、間一髪で事件性を見つけた〔相撲部屋事件〕の新潟病院を褒めてやったコメントが消えちゃった。

変死と病死の違いも微妙な部分があるのでしょうね。

人間社会が複雑すぎるし、悪いやつが多すぎるんですね。


投稿: 田吾作 | 2008年3月 1日 (土) 01時49分

camera 田吾作さん
だんだん細かくなってきますと、かなり専門的になってしまいます。
解剖したって事件性の有無はわかっても、病死の場合は死因がはっきりしないこともあるんですよ。

niftyブログの絵文字は、まだ、不安定のようです。ご迷惑をかけてすみません。私も、パレットが本文中に掛かるのが気に入らないのですが・・・
責任者によく言っておきますangrypunch

投稿: イソップ | 2008年3月 1日 (土) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/40316922

この記事へのトラックバック一覧です: 法医学リーズン《21》:

« 法医学リーズン《20》 | トップページ | 法医学リーズン《22》 »