« 法医学リーズン《19》・・・(付)死因究明、遺族置き去りについての考察 | トップページ | 法医学リーズン《21》 »

2008年2月14日 (木)

法医学リーズン《20》

(3)   窒息の症状及び経過
   窒息の症状及び経過については、一般的に、

  ① 窒息開始後20~30秒は無症状(前駆期)
  ② 次いで、呼吸運動が激しくなって失神する(呼吸困難期)
  ③ 引き続き、痙攣が起きて、手・足をばたつかせ、痙攣が最も強いとき
    には、全筋肉がいちじに収縮して全身が一本の棒のようになることさ
    えある。また、大小便・精液を洩らす(痙攣期)
  ④ その後、呼吸運動や痙攣が止まって静かになる(呼吸停止期)
  ⑤ さらに、再びあえぐような呼吸を始める(あえぎ呼吸期)                                         
       このあえぎが止まると、再び呼吸を始めることはありませんが、心臓は
  その後、5~20分間搏動を続けます。なお、窒息が開始されてからあえぎ
  呼吸が停止するまでの時間は、通常3~5分である、といわれています。
   ところで、前に説明したように、人の体内の各臓器が活動を続けるため
  には酸素が必要不可欠であり、体内の酸素が不足すると各臓器が障害を
  受けます。そして、身体の組織の中で酸素を最も多く必要とするのは脳で
  すが、特に、知覚・判断などの高度の精神作用を営む部分に当たる大脳
  皮質細胞は、最も酸素を必要とします。もし、窒息の原因である呼吸障害
  が生じると、その後わずか3分くらいで細胞が死滅するといわれています。
   また、呼吸や循環を支配する中枢は、酸素不足に対する抵抗性が比較
  的強いのですが、それでも10分くらいで完全に細胞が死滅するといわれて
  います。
   したがって、窒息が始まってから3分以上が経過した場合には、大脳皮
  質細胞が死滅していますので、たとえ生命は助かっても、意識がないまま
  いわゆる植物人間の状態になってしまいます。
   また、3分以内に窒息状態から助けられた場合には、意識は戻りますが、
  その後、逆行性健忘症が起こることがあります。そうすると、窒息前のある
  時点から意識回復までの間の出来事をすべて忘れてしまいますから、例
  えば、首を絞められて窒息したのに、その事実さえ記憶にないという事態
  も生じます。
   ですから、絞頸を手段とした殺人未遂事件などの場合には、この点につ
  いて十分注意しなければなりません。

  

|

« 法医学リーズン《19》・・・(付)死因究明、遺族置き去りについての考察 | トップページ | 法医学リーズン《21》 »

事件分析」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法医学」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

首を絞められ、呼吸が出来なくなって死ぬ。
このことは判っていましたけど、こういう段階を経て死がやってくることは知りませんでした。
病気で呼吸停止になる場合でも、こういう経過を辿るんですか?
お迎え間近い田吾作には非常に興味があります。
意識を無くし、眠るが如く呼吸停止する方法を研究しているところですが、いい方法を教えてください。

投稿: 田吾作 | 2008年2月15日 (金) 19時49分

田吾作さん
これはあくまでも窒息死の場合の経過です。
貴兄はまだそんなことは考えなくて大丈夫です。病気の場合は罹患している病気によって違いますので、一概にこういう経過をたどるとは限りません。
一番自然で生命を失うのは、自然死といわれ、天寿を全うすることです。
これは、眠るが如くの大往生で、痛みも苦しみも無いと言われています。
お互いに、天から授かった命、天寿を全うするように頑張りましょう。
まだまだ先の話ですが・・・birthday

投稿: イソップ | 2008年2月15日 (金) 20時20分

よくテレビドラマなどで、首を絞めてすぐに死ぬ・・・みたいなシーンがありますが、あれでは完全に死んでない可能性があるわけですね!
首吊り自殺なども、似た経過なんでしょうね・・・・考えただけでぞっとしますが(笑)
ところで大変申し訳ないことがあるのです。
私のブログのコメント欄は、全部削除するだけしか手直しはできないみたいです・・・・
今実は旅先なので、自分のパソコンではなくホテルのPCから書き込んでいるのですが、おそらく自宅へ戻っても同じではないか?と思います・・・・
「期」は一応このままにしておきます。本当にすみませんm(__)m
しかしエキサイトーーーーちょっと怠慢ですよねぇ・・・

投稿: きょんち | 2008年2月17日 (日) 00時01分

きょんちさん、こんばんは
テレビドラマは半分は事実と違っています。まあ、ドラマですし視聴者も居ることですからその辺は判りやすくしているんでしょう。
事実通りやったのでは、色々と問題も起こるでしょうから・・・

訂正の件、きょんちさんが判っていて戴ければそれで結構です。注意力の浅はかなところを露呈しましてすみません。

投稿: イソップ | 2008年2月17日 (日) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/40102912

この記事へのトラックバック一覧です: 法医学リーズン《20》:

« 法医学リーズン《19》・・・(付)死因究明、遺族置き去りについての考察 | トップページ | 法医学リーズン《21》 »