« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

法医学リーズン《18》

各  論

~窒 息 死~

1 概 説
 最近は刃物等による殺人事件が多発の傾向にあり、世間の耳目を集めてい
ますが、被害者の死因をみると相変わらず多いのが、絞頸及び扼頸による窒
息死であります。また、自殺者にしても、首を吊ったり、自分で自分の首を絞め
たり、あるいは、入水したりしてやはり窒息により死亡する場合がほとんどです。
 また、稀にではありますが、人を殺害した後に、首吊り自殺に見せかけたり、
死体を水中へ投げ込んで入水自殺や過失死に見せかけるという偽装事件など
も見られ、同じ窒息による死体であっても、その原因や態様は様々です。
 このように、縊死(いし)・絞死(こうし)・扼死(やくし)・溺死(できし)などの窒息死
は、犯罪といろいろな面でかかわりを持っており、窒息死ほど、死因の究明や
自他殺の判断が困難なものはないといわれています。

(1) 窒息の定義及び種類
   人が生命を維持するためには、空気中から体内に酸素を取り入れ、体内
 にできた老廃物である炭酸ガスを体外に排出しなければなりません。これを
 もう少し詳しく説明しますと、体内に吸収された酸素は、肺臓で血液の中に取
 り入れられ、血液中の赤血球(主としてヘモグロビン)と結合して体内の各細胞
 に運ばれます。体内の各細胞は、この酸素の働きによって細胞内物質を酸化
 させてエネルギーに変え、新たな細胞や生命に必要な物質を作り出します。
  他方、酸素の入れ換えによって体内で老廃物となった炭酸ガスは、各細胞か
 ら血液の中に溶け込んで肺臓に運ばれ、ここから空気中に排出されます。
  このことからも分かるように、酸素の取り入れ→ガス交換→炭酸ガスの排出
 という一連の交換作用は、人の生命を維持するために極めて重要なものです
 が、この交換作用を呼吸といいます。そして、肺臓における酸素の取り入れと
 炭酸ガスの排出を外呼吸、細胞内における酸素と炭酸ガスの交換を内呼吸と
 いいますが、これらの呼吸が常に正常に行われるとは限りません。何らかの
 原因によって呼吸が妨げられることがあります。例えば、鼻や口を完全にふさ
 がれると、外呼吸が妨げられますし、青酸カリを飲むと、薬理作用によって細
 胞が酸素を摂取できなくなり、内呼吸が妨げられます。このように、呼吸が妨
 げられた状態を窒息といい、その窒息が原因で死亡することを窒息死といい
 ます。
  そして、医学的には、外呼吸の妨げによる窒息を外窒息、内呼吸の妨げに
 よる窒息を内窒息と区別していますが、法医学的には窒息死という場合は、
 通常、外窒息による窒息死を指し、青酸カリを飲んで内窒息を起こして死亡し
 たような場合は、中毒死として取り扱っています。
  したがって、本項では、専ら外窒息による窒息死についてのみ説明し、中毒
 死については別項とします。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

法医学リーズン《17》・・・(付)福岡県警事案考察

エ ミイラ
  腐敗や融解することなく乾燥した死体をミイラといいます。ミイラは、気温が
 高く、かつ、乾燥した場所に置かれた死体の皮膚や軟部組織から水分が急 
 激に蒸発して、腐敗や融解よりも早く死体が乾燥してしまうために起こる現象
 です。
  したがって、熱帯地方や砂漠地帯では、死体が自然にミイラになるようです
 が、我が国は、夏季には湿度が高いためにミイラになることはあまりないよう
 で、冬季の乾燥時に温度の高い場所に存在した死体に、ときたま見られる程
 度です。
  砂漠地帯などでは短時間のうちにミイラ化するといわれていますが、我が国
 では、普通3~4ヶ月くらいかかるといわれています。

 死体現象は、死後経過時間の推定・死因の究明などを行う上において、極め
て重要なものです。しかし、今まで述べたいずれの現象も、死体の存在する場
所、温度、湿度、通風性などの外的条件や、死体の体格、生存時の健康状態
などの内的条件に大きく左右されますので、一律に判断することはできません。
 したがって、その取扱いに当たっては、すべての条件を総合的に観察した上
で、判断することが大切です。


 総論ならびに死体現象については、今回で終わりますが、次回からは各論に
はいります。各論になりますと非常に具体的に述べざるを得なくなり、色々と難
しい局面や内容表現に厳しい問題も出てきますので、種々の反応や状況を見
ながら進めて行きたいと思っております。
 その辺のところを、当ブログへのご訪問者の方々にはご理解を頂き、ご意見
やコメントを頂ければ有難く思います。


※「検視で病死、実は頭打撲・米男性04年急死」(08'1.29 読売新聞朝刊)
  に対する考察

 福岡市中央区の自宅マンションで2004年に米国男性がベッド上で死亡しているのが発見され、県警中央署は、左側頭部に「こぶ」があったが軽度と判断、検視だけで「病死」として処理をした。その後、遺族の要望により解剖し、「頭部打撲による脳挫傷」と判明したが、県警は「転倒による事故死」として事件性はないと判断したというものである。
 現場を観察したわけでもなく、まして、死亡者の遺体を見たわけでもないが、新聞報道から鑑みるに、所轄の初動措置の甘さがまたまた露呈したと言わざるを得ないような事案であり、ここでも、検視担当官の未熟さからくる詰めの甘さが問題となりそうである。
 現場の状況はともかくとして、本屍の側頭部に鶏卵大の腫脹があるだけでもそれを徹底解明しなければならないし、この時点で要解剖死体と判断すべきであったと思うが如何であろう。鶏卵大と言う大きさはそう簡単に出来るものではないし、後頭部であれば直接強打する可能性もあり、自己転倒による自損という事も考えられなくはないが、まして側頭部であるとすれば、立歩行している人間の体側には肩(肩峰)部があり、腕(上腕、前腕)があるので、その部分で防御せずに直接側頭部を強打するということは考えにくい。座位であれば尚更である。
 また、耳や鼻からの出血があった由、新聞には書かれているが、軽度のこぶでこのような出血は起こり得ないと考えるのが妥当であると思う。
 解剖の結果も、左側頭部同腫脹下に(水平、垂直は分からないが)長さ約20cmの亀裂骨折と脳挫傷が存在したということである。これだけ見ても、かなりの強い外力が加えられたものと推定できる。おそらく、コントルクーも存在していたと思われる。
 さらに知りたいことは、尿失禁は何処にあったか、出血に伴う血痕あるいは滴下血痕の有無とその場所、毛髪の付着場所とその量、「こぶ」に創はないのかなどであるが、部外者には知る由もなかろう。
 いずれにしても、こういう事案が発覚するたびに、警察の検視検案体制の弱さ、能力のある人材の少なさを痛感し、少しでも早い担当者の資質の向上と体制強化を図らなければならないと思う。
 あくまでも私見だが、本件は他為介在のあった事件の可能性を否定しきれないものである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

法医学リーズン《16》

イ 白骨化
  死体の腐敗・融解が進行していくと、死体の軟部組織はすべて分解し、最
 後には骨格だけが残ることになりますが、これが死体の白骨化です。
  白骨化に要する時間も、やはり、種々の条件に左右され一定していません
 が、一般的には、野外に放置された成人死体の場合、夏季で2~3週間、春
 秋では数ヶ月で白骨化し、土中の場合には、大人が5~10年、小児は3~5年
 で白骨化するといわれています。
  しかし、蛆や蟻などに蚕食された死体では白骨化が早く、また、夏季には、
 一週間で白骨化した例などもあり、白骨化に要する時間についても一律には
 判断できません。
  なお、白骨化した骨は、脂肪分が徐々に減少し、死後20~30年を経過す
 ると、もろく、折れやすくなります。

ウ 死蝋化
  死体が水中または水分の多い土中などで空気の流通が不十分な場所に置
 かれますと、その死体はやがて灰白色のもろい蝋様物となり、それが次第に
 硬くなって石膏状になります。これが死蝋化です。
  死蝋化は、湖・沼・井戸の中などに長く置かれた死体やアルカリ性の高い
 土地に埋められた死体などに多く見られ、また、脂肪分の多い人は死蝋化し
 やすいといわれています。
  普通、死蝋化が始まるのは、死後2~3ヶ月くらいからで、全身が死蝋化する
 には約一年かかるといわれています。しかし、これも一般的な基準であって、
 中には、死後1ヶ月で完全に死蝋化したという例もあり、個々の例によって、
 その進行速度は大きく異なります。したがって、死蝋化の程度から死後の経
 過時間を判断するのは極めて困難です。
  死蝋化した死体は、そのほとんどが原形のまま保存されますので、生体時
 の損傷などが分かることがあります。ただし、死蝋化した死体を取り出し、空
 気中にさらすと、再び腐敗が起こり始めて崩壊することが多いので、その取扱
 いに当たっては注意する必要があります。

※ 蚕食=さんしょく=蚕が桑の葉を食べるように、次第に侵略していくこと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

法医学リーズン《15》

(イ) 蛆(うじ)
    蛆の発生は直接の死体現象ではありませんが、蛆は、死後の経過時間
   を推定する上で大いに役立つ資料となり、死体現象(腐敗)と深いかかわ
   りがありますので、ここで簡単に触れておきます。
    蠅(はえ)は、あたかも死臭に吸い寄せられるようにして死後間もない死
   体にやってきます。そして、死体に創(きず)があればその創口に、創がな
   ければ、死体の開口部、例えば、眼・鼻・口・肛門などに産卵します。
    蠅が産み付けた卵は、蛆からさなぎとなり蠅に成長しますが、その蛆が
   成長する過程(大きさ)から、大体の死後経過時間を推定するわけです。
    なお、腐敗度の高い死体では、その表面の皮膚のいたるところに、小さ
   な穴が見られることがありますが、これは蛆が死体内に侵入する際、むし
   ばんだ跡です。
    しかし、これも、季節や温度あるいは蠅の種類によって違ってきますので
   蛆が何ミリメートルであるからその死体は死後何日を経過している、と一律
   に判断することはできませんが、その判断の目安とするために、実測統計
   上の大まかな基準を示しておきます。

 月      3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月
  \
日数等      
半 日   卵   卵   卵   卵    2.0       2.0      卵    卵    卵

1  日   卵   2.0      2.5       3.0       4.0       4.0      3.0        2.0        卵

2    日   2.0     2.5      3.0       4.0       6.0       7.0      4.0        3.0       2.0

3    日       2.5     3.0      4.0       5.0       9.0       9.0      6.0        4.0       3.0

4  日      3.0      4.0      5.0       7.0      11.0     11.0     8.0        5.O      4.0

5  日   4.0      5.0       7.0       9.0      12.0     12.2    10.0       6.0       5.0

6    日      5.0      6.0      8.0       10.0                          11.0      7.0        6.0

7    日      6.0      7.0      9.0       11.0                          12.0                     

8    日     7.0      8.0       10.0      12.0                                                      

9  日     8.0      9.0       11.0                                                                  
                                                                                                          
10   日     9.0     10.0      12.0   

※  単位はmm                                                                                  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

法医学リーズン《14》

(3) 晩期の死体現象
   死体は、通常の場合、死後24時間を経過したころから、腐敗などの現象
  を起こし始め、さらに時間が経過すると身体の軟部組織はその経過ととも
  に崩壊して、ついには白骨化してしまいます。また、時には、このような経
  過を経ることなく、ミイラや死蝋などの永久死体となることもあります。
   このような死体の変化を、晩期の死体現象と呼んでいます。
 
 ア 腐敗・融解
   人の体内、すなわち、胃・腸・気管などには多くの細菌が付着しています
  が、生存中は殺菌作用などによってその健康が保たれています。
   ところが、死亡するとこれらの細菌が急激に増えていき、その増殖した
  細菌の作用により、身体の細胞や組織が分解されていきます。
   これが死体の腐敗です。
   また、死体は、臓器の組織内にある酵素の作用(融解)や真菌カビによる
  酸化(風化)などによっても細胞が分解されますが、これらは、ほとんど併行
  して起こり始めますので、ここでは、これらの現象を併せて単に腐敗として
  説明することにします。

  (ア) 腐敗速度
     腐敗の速度は、空気の流通度などの外的条件や、年齢・体質・死因
    などの内的条件によって著しく左右されます。一般的に、空気の流通が
    よければ腐敗が促進され、逆に悪ければ遅延します。したがって、死体
    の腐敗は、空気中が最も早く、次に水中、地中の順であるといわれ、そ
    の比率はおおむね、空気中1:水中2:地中8の割合であるといわれてい
    ます(カスペルの法則)。
     腐敗は、温度が20゜~27゜Cの間で適当な湿度があるときが最も早く進
    行するといわれており、身体の組織内に水分もしくは脂肪分の多い者や
    新生児及び幼児などについては腐敗速度が普通より速くなります。
     また、5゜C以下の温度では腐敗しません。

    腐敗の状況についての基準

      経過日時           腐 敗 の 状 況

      1~3 日     下腹部・鼠径部などが淡青藍色若しくは淡緑色に   
                変化する。眼球は柔軟となり弾力性を失う。

      3~5   日     皮膚は紫緑褐色を呈し、背部・胸腹部・四肢は斑
                紋状に変色する。

      8~12 日     皮膚の変色部から汚赤褐色の樹枝状の静脈が
                透見できるようになる。

      14~20 日     腐敗は高度に進行し、死体の各所に血様色の液
    (夏 8~10日)    を容れる水泡が生じ、表皮が容易に剥離できる。
    (冬20~30日)    皮下組織内に腐敗ガスがたまり、いわゆる巨人様
                観を呈する。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

法医学リーズン《13》

オ 角膜の混濁
  死後、時間が経過すると、角膜(黒目の部分を覆っている膜)に点状ないし
 小斑状の混濁が生じてきます。そして、その混濁は徐々に白さを増していき
 やがては瞳孔が見えなくなるまで混濁してしまいます。
  このように、角膜が混濁する原因について、従来は、角膜が乾燥するため
 に起こる現象であるといわれてきました。
  ところが、その後の研究によって、目を閉じた死体や水死体においてもこ
 の現象が見られることから、角膜の細胞成分である蛋白質が死後に変化を
 起こすための現象であることが明らかにされています。
  角膜の混濁の程度については、法医学者によって、透明・微混濁・軽度混
 濁・中度混濁・高度混濁とか、軽度の混濁・中等度の混濁・高度の混濁など
 に区分されていますが、その過程によって細分化されていることであり、特に
 大きな違いもないことから、今回は後者の区分に従って混濁の状況を説明
 します。

   区  分       経過時間        角膜混濁の状況    

  軽度の混濁    5 ~ 6 時間   点状あるいは斑状に軽度の白い
                         混濁が起こってくる。

  中等度の混濁  10 ~15 時間   角膜全体が薄く混濁してくる。瞳孔
                         は黒い部分の形が分かる程度に
                         見える。

  高度の混濁    24 ~36  時間   混濁は著明となり、全体に白濁して
                         瞳孔は全く見透し得なくなる(黒目の
                         部分が分からなくなる状態を指す)。

   ※ ただし、死体が開眼している場合や温度が高い場合には、混濁の
     進行も早い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

法医学リーズン《12》

エ 体表の乾燥
  人の身体は常に水分を発散させています。そして、この作用は死後も続き
 ますから、水分の発散だけで補給が全く行われない死後においては、皮膚及
 び粘膜は急激に乾燥していきます。
  特に、粘膜が外部に露出している口唇、大(小)陰唇、肛門や体表面積の広
 い陰のうなどは水分の蒸発が強いために、乾燥して硬くなり暗褐色を呈し皮
 革のようになります。この現象を革皮様化といいます。
  また、生前または死後にできた表皮の剥脱部、火傷部、湯潑部、絞扼の痕
 部なども、乾燥が比較的に速く、革皮様化します。
  この革皮様化は、死後2~3時間くらいで形成されるといわれていますので、
 革皮様化のない死体は、死後2時間以内の死体ということができます。
  ただし、水中にある死体には革皮様化はありません。
  なお、乳児の死体の場合に口唇が黒ずんでいることがありますが、これは、
 粘膜のやわらかい乳児の口唇が唾液等にぬれていた場合に、その部分が
 急激に乾燥することによってできる現象で、いわゆる“かたかわき”といわれ
 ているものです。

※ 剥脱=はくだつ=はがれ取れている状態。

※ 湯潑傷=とうはつしょう=高温蒸気、高温液体等の接触によって起こる皮膚
                 など身体組織の損傷をいう。

※ 絞扼=こうやく=絞痕、扼痕のこと。
           絞痕=索条の圧迫、擦過等によってできた頸部の表皮変色
               陥凹部をいう。
           扼痕=手または指で絞めたときの圧痕。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

法医学リーズン《11》

(え)  硬直の緩解
   硬直は、一定の時間が経過すると、先に硬直した方から順次解けていき
  ますが、硬直の解ける時間もやはり種々の条件に左右されます。
   例えば、夏期及び暖かい場所では早く解け、冬期及び冷たい場所では遅
  く、時には数週間も解けないことがあります。また、これは、体格や着衣など
  によっても差異を生じますが、一般的には、大人では2~3日、小児では10
  時間内外で解けてしまいます。
   このように、死体の硬直も種々の条件によって大きく左右され、一律に判
  断することは出来ませんが、下行型の一般的基準は次のようになります。
  
  死後経過時間 |            死体硬直の状況
  
       1   時  間    下顎に軽く硬直が始まる。

   2~3 時 間    下顎及び項関節に硬直が現れる。
   
   4~5 時 間  上肢の関節に硬直が現れる。最硬直が可能である。

   7~9 時 間  硬直が下肢の関節まで及ぶ。最硬直は起こらない。

   10~12時間  硬直は全身に及び強くなる(死後24時間くらいまで最強
            状態が持続する)。

   24    時 間  夏期及び暖かい場所では緩解し始める(冬期及び冷たい
             場所では、なお強い硬直が持続する)。

   30    時 間  下顎の硬直が緩解し始める。

     48  時  間 下肢の硬直が緩解し始める。  
 

※ 緩解=かんかい=ゆるんで戻ること。




   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »