« 法医学リーズン《14》 | トップページ | 法医学リーズン《16》 »

2008年1月26日 (土)

法医学リーズン《15》

(イ) 蛆(うじ)
    蛆の発生は直接の死体現象ではありませんが、蛆は、死後の経過時間
   を推定する上で大いに役立つ資料となり、死体現象(腐敗)と深いかかわ
   りがありますので、ここで簡単に触れておきます。
    蠅(はえ)は、あたかも死臭に吸い寄せられるようにして死後間もない死
   体にやってきます。そして、死体に創(きず)があればその創口に、創がな
   ければ、死体の開口部、例えば、眼・鼻・口・肛門などに産卵します。
    蠅が産み付けた卵は、蛆からさなぎとなり蠅に成長しますが、その蛆が
   成長する過程(大きさ)から、大体の死後経過時間を推定するわけです。
    なお、腐敗度の高い死体では、その表面の皮膚のいたるところに、小さ
   な穴が見られることがありますが、これは蛆が死体内に侵入する際、むし
   ばんだ跡です。
    しかし、これも、季節や温度あるいは蠅の種類によって違ってきますので
   蛆が何ミリメートルであるからその死体は死後何日を経過している、と一律
   に判断することはできませんが、その判断の目安とするために、実測統計
   上の大まかな基準を示しておきます。

 月      3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月
  \
日数等      
半 日   卵   卵   卵   卵    2.0       2.0      卵    卵    卵

1  日   卵   2.0      2.5       3.0       4.0       4.0      3.0        2.0        卵

2    日   2.0     2.5      3.0       4.0       6.0       7.0      4.0        3.0       2.0

3    日       2.5     3.0      4.0       5.0       9.0       9.0      6.0        4.0       3.0

4  日      3.0      4.0      5.0       7.0      11.0     11.0     8.0        5.O      4.0

5  日   4.0      5.0       7.0       9.0      12.0     12.2    10.0       6.0       5.0

6    日      5.0      6.0      8.0       10.0                          11.0      7.0        6.0

7    日      6.0      7.0      9.0       11.0                          12.0                     

8    日     7.0      8.0       10.0      12.0                                                      

9  日     8.0      9.0       11.0                                                                  
                                                                                                          
10   日     9.0     10.0      12.0   

※  単位はmm                                                                                  

|

« 法医学リーズン《14》 | トップページ | 法医学リーズン《16》 »

事件分析」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法医学」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

田吾作は魚釣りをやりますから、蛆には馴染んでいますが、科学的に検証したことはありません。
蛆の発生から成長まで、こうなっているんですか?

法医学とは死体についての学問でしょうから当然気味の悪い話題になりますよね。

そういうことは無いんですか?

投稿: 田吾作 | 2008年1月27日 (日) 03時44分

田吾作さん、おはようございます。
法医学は、内容が内容ですから、一般的には色々と気味の悪いことも多いんですが、学問的にはそれが重要になってくるんです。当然口には出せない面白い話もたくさんあります。
大切なことは、あくまでも死者の人権を守ると言うことです。
蛆は直接死因には関係ありませんが、死因の推定にも役に立つ重要な資料です。

私も釣はやりますので、きじや、さしは使いますが、あまり気にしたことはありません。

投稿: イソップ | 2008年1月27日 (日) 10時48分

法医学と言いますとテレビでしか縁がありませんがやっぱあの通りなんですよね
ドラマではいつも名取裕子さんが演じておられる番組を大好きでみていますが詳しく解説してくださるイソップさんチョット難しいお話ですね

投稿: Tulip | 2008年1月27日 (日) 23時08分

Tulipさん、こんばんは。
そうですねー、テレビの場合は一般の人が対象ですから、分かりやすく、しかも、あまりひどい場面はありませんが、本当の法医はもっとドロドロしたもので、なかなか普通の神経では立ち向かうことすら難しいんです。
でも、死者の人権を守るということから云えば、これほど大切なものはありません。
今回は、社会的にもいろいろ耳目を集め、問題となっている誤診やら、死因の見間違いやら死者の取扱の不手際などによる社会的糾弾に対して、その筋の担当者に少しでもお役に立てばと思い、本来の私のブログの目的から少しばかり脱線してしまっていますが、ご理解、ご容赦下さい。

投稿: イソップ | 2008年1月27日 (日) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/17852713

この記事へのトラックバック一覧です: 法医学リーズン《15》:

« 法医学リーズン《14》 | トップページ | 法医学リーズン《16》 »