« ヒマラヤの青いケシ | トップページ | 新宿24時(6) »

2007年6月 7日 (木)

新宿24時(5)

昭和56年(1981)撮影・写真集「新宿幽玄」より
歌舞伎町を中心とした新宿の生態とそこにうごめく人間と言う生物の営みを撮影記録した写真集からの抜粋。
 ※ Nikon  F       Nikkor-Auto  85mm   F 1.8
        Leica-M2     Summicron-M   50mm   1:2

U006244
※ 歌舞伎町のパチンコ屋前

U006252
※ 風俗店の客引嬢

U006255
※ 歌舞伎町中央公園にたむろする若者達

U006234
※ 靖国通り 歌舞伎町中央通り入口の宝くじ売りボックス

U006237
※ ポルノ雑誌店の大看板

U006254
※ 開店準備 手相見、身の上相談 新宿の母

|

« ヒマラヤの青いケシ | トップページ | 新宿24時(6) »

カメラ」カテゴリの記事

レンズ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ファッションもそうですが、看板や人や街の様子が懐かしいですね。今までとちょっと違うアングルですね! 新宿らしさがよく出てると思います。そのときは普通の光景だったのでしょうが、着眼点というか切り取り方がすごいですね。とても勉強になります。暑いけどがんばろうっと。

投稿: 瑠璃 | 2007年6月 8日 (金) 12時01分

すみません。フィルムカメラのことはまったく判らないのですが、ニコンもライカも明るいレンズを使われていますよね。フラッシュは要らないのでしょうか(まさかね)?
二つのカメラ(レンズ)の使い分けは画角以外にもあったのでしょうか?

投稿: 瑠璃 | 2007年6月 8日 (金) 12時12分

瑠璃さん。
こんにちではチョット考えられないような幼稚な町の風景もありました。でも、今見直すとシューティングした時の感覚が呼び戻されてきます。その時は納得していたんですが、今見るともっとこうすれば良かったという気持ちに陥ります。それだけ成長したんでしょうね。

撮影はその時の自然光だけで勝負をしています。フラッシュを焚くわけにも行きませんし、そうすると、出したい雰囲気が壊れてしまうんです。
使っていたフイルムがトライエックスという、今で言うISO400(当時はASA400と言ってました)のモノクロフイルムでした。
レンズを替えているのは、やはりそれぞれに持ち味があり、カリッとした表現が必要な時や、柔らかくふんわりとした表現をしたい時、あるいは、ノンファインダーでしか撮れない時などがあるからです。
概してNikkorは硬く、ライカ系のレンズは柔らかく質感描写に優れています。どちらが良いとも一概に言えませんが、当時の私の感性で使い分けていました。従って同じ画面を両方のレンズで撮ったものもあります。

投稿: イソップ | 2007年6月 8日 (金) 12時35分

イソップさんこんばんは。
町の雰囲気も、ファッションやヘアスタイルも今と全然違いますよね。
新宿って断然人がたくさんいるのが似合うというか、高級な雰囲気を感じない街だと思っています。
コメントを寄せている皆様のように写真の技術などを語ることができませんので、私は写真を見させていただいた感想をコメントさせてくださいね。

投稿: ははだよ | 2007年6月 9日 (土) 00時40分

ははだよさん、おはようございます。
写真はもう、ふた昔以上前のものです。今とは違う当時の記録的風合いと社会風俗を感じていただければ、と思っています。
楽しんで見てやって下さい。

投稿: イソップ | 2007年6月 9日 (土) 08時47分

息子の学校は新大久保ですし、カメラの教室も新宿なのに歌舞伎町には未だ行ったことがありません。
でも何となく想像していた通り・・・
もっとも今の新宿とはちがうでしょうけど。
007ユアアイズオンリー、懐かしいです。一番ボンド役として好きだったロジャームーアでした。
1981年ーーーー私何してたんだろう、あの頃。

投稿: きょんち | 2007年6月 9日 (土) 14時21分

きょんちさん、こんにちは。
今の歌舞伎町...と言うより新宿の街は浄化が進み殆ど安全です。一度ゆっくり歌舞伎町散歩と洒落て見ては如何ですか。

あの頃の貴女は、花も恥らううら若き女子大生じゃなかったんですか? キャンパス・アイドルだったりして!!
おそらく、毎日勉学に勤しんでいたと思いますよ。写真部に席があったかどうかは分かりませんが・・・

投稿: イソップ | 2007年6月 9日 (土) 16時48分

 イソップさん、こんばんは。
花の作品同様にイソップさんの撮影に対するスタイルが伺えて、大変勉強になります。私の様にデジから始めた者にとっては、真似すらできない作品です。基礎が違うので当然ですが、イソップさんの様にいつかは「意図」が伝わる写真が、撮りたいです。

投稿: little-lily | 2007年6月10日 (日) 01時07分

little-lilyさん、こんにちは。
人の動きと言うのは意外と早いものです。
追従していたのでは、良いチャンスはつかめません。スナップの極意は"待ち"と"先を読む"と言うことに尽きるのではないでしょうか。
苦労しただけ良いカットが撮れるという事を勉強しました。今でも、それが役に立っていると思います。

投稿: イソップ | 2007年6月10日 (日) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/15349629

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿24時(5):

« ヒマラヤの青いケシ | トップページ | 新宿24時(6) »