« Nikkor・思い出の銘玉・何でもこなす万能性 | トップページ | 黄色カタクリ »

2007年2月13日 (火)

宮本巡査部長の殉職を悼む

まことに痛ましい殉職事故(事件)が発生してしまいました。近年、警察官のサラリーマン化が色々と取りざたされています。また、新聞をにぎわすバカ警察官が多い中、本当の警察魂を持った宝が失われ、警察官の鑑がひとつ割れてしまいました。
警察法第二条に警察の責務として「個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、云々・・・」とあります。この本もとの個人の生命を守るために自らの犠牲をも顧みず果敢に身を挺してその職務を全うした実に痛ましい事案でした。
二階級の特進と言うことで警部に任じられましたが、国家として最大限の顕彰をすべきであると思います。また、地域の人々にも慕われ、頼りにされ、如何に立派な人であったかと言うことは交番を弔慰に訪れる人の数でも、それは計り知れないものがあったことと推察出来ることでしょう。
当然、弥生廟(警察官や消防関係者で殉職された方々を祀る廟、東京・九段の田安門内にある)に祭祀されることとなるでしょうが、喪われた命は還ってきません。警視庁はこのような警察官が居られたことを誇りにすると共に残されたご遺族の処遇の万全と二度とこのような痛ましい事案の発生を防ぐために最大の努力をしなければならないことでしょう。
宮本警部のご冥福を心からお祈り申し上げます。

|

« Nikkor・思い出の銘玉・何でもこなす万能性 | トップページ | 黄色カタクリ »

事件分析」カテゴリの記事

コメント

イソップさん、こんにちは。
私も残念に思いながらニュースを見ました。
最近は昔みたいに地域に密着した”おまわりさん”が減りましたよね。
そんな中、自転車の修理を頼めるほど気を許せる
数少ない身近な方だったようです。
地域の方の深い悲しみを思うと何ともいえない気持ちになりました。

投稿: なゆえな | 2007年2月14日 (水) 09時35分

なゆえなさん、おはようございます。
本当に残念な結果となってしまいました。私の子供の頃のおまわりさんは正義の味方、悪には絶対的な強さを持った方々と言うイメージがありました。毎年、何人かの殉職者が出るようですが何とかならないものでしょうか。東村山署の大越警部補の事件も時効を迎えてしまいました。警察官の職務執行にはもう少し国民全体の理解と協力が必要だと思います。出来れば、もう少し強い権限を与えても良いような感じがするのは私だけでしょうか?
ご冥福をお祈りいたしますと共に、直ぐにご反応を戴いたなゆえなさんに深謝いたします。
有難うございました。

投稿: イソップ | 2007年2月14日 (水) 10時53分

こんにちは~

警察官の威信が大きく地に墜ちている昨今ですが
宮本さんの働きで、警察が面目躍如です。

しかし宮本さんのような方は本当に数少ないでしょう。
本当はこんな人ばかりだと良いのだけど、それは望めない
ことだと思います。
それだからこそ、皆が涙したのでしょう。

あの女性は何思うのでしょうね。
まだ死にたいと思うのでしょうか?
人生は無常です。
死にたいと思った人が生き残り
使命感に燃えた人の命が亡くなり・・・・

ご遺族がお気の毒ですね。

投稿: まるこ姫 | 2007年2月14日 (水) 17時12分

こんばんは。
そうですねー純粋な正義感に燃えている警察官は少なくなったでしょうね。警察官を拝命した時はみんな"やるぞー、社会のために働くぞー、俺がやらなければ誰がやる"という使命感に燃えているのでしょうが、それを持ち続けることが難しいのでしょうね。
あの女性も宮本さんの気持ちを少しでも感じて、生きることに頑張ってくれれば良いのですが・・・

投稿: イソップ | 2007年2月14日 (水) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮本巡査部長の殉職を悼む:

« Nikkor・思い出の銘玉・何でもこなす万能性 | トップページ | 黄色カタクリ »