« Nikkor・思い出の銘玉・収差の補正はみごと | トップページ | Nikkor・思い出の銘玉・超精細質感諧調描写 »

2006年11月10日 (金)

Nikkor・思い出の銘玉・・風靡垂涎のズーム

※ 撮影使用機材
 レンズ Zoom-NIKKOR 8o~200mm 1:4  L:No. 204616
  カメラ  NIKON  F3-P    B:No. P-9006334(B)
Photo015

Photo016
§写真画面をクリックすると拡大します。大画面でどうぞ!!

|

« Nikkor・思い出の銘玉・収差の補正はみごと | トップページ | Nikkor・思い出の銘玉・超精細質感諧調描写 »

レンズ」カテゴリの記事

コメント

イソップさん、こんにちは。
花びらのふんわりした柔らかさがすごくいいですね!思わず目を細めて見てしまいました。レンズの影響ってすごく大きい!からこそ、魅力あるレンズが無くなっていくのはとても残念です。色んなレンズが楽しめるのが一眼レフの醍醐味なのに!

投稿: なゆえな | 2006年11月10日 (金) 13時18分

なゆえなさんこんにちは
貴女のおっしゃるとおり昔のレンズは人間が手仕事のようにして設計し、収差の補正なども設計者の意図が反映されていました。従って映像にもそれが表れていたのです。要するに味のある写真が撮れました。
今は、コンピューターで機械的に一番良い条件で設計しますので、皆同じような味になってしまうのではないでしょうか。
話は変わりますが、今回の写真のケシは個人的に栽培の許されないモノばかりで、阿片(麻薬)の原料となるものです。手に入れることの出来ない美しさが表現できていれば成功だと思っています。

投稿: イソップ | 2006年11月10日 (金) 13時39分

こんばんは。

綺麗な色ですね! お花も緑もうっとりします。薄い花びらのひだの様子やバックのボケ具合もステキです。今までの画像の中で一番好きです。

投稿: 瑠璃 | 2006年11月10日 (金) 18時15分

瑠璃さんこんばんは
ありがとうごさいます。このレンズの描写は私も好きな中のひとつです。特に赤系色の出色がいいように感じます。この日はケシの撮影にVelvia1ooF一本を使ってしまいました。

投稿: イソップ | 2006年11月10日 (金) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/12626640

この記事へのトラックバック一覧です: Nikkor・思い出の銘玉・・風靡垂涎のズーム:

« Nikkor・思い出の銘玉・収差の補正はみごと | トップページ | Nikkor・思い出の銘玉・超精細質感諧調描写 »