« Nikkor・思い出の銘玉・・風靡垂涎のズーム | トップページ | Nikkor・思い出の銘玉・優秀な性能バランス »

2006年11月12日 (日)

Nikkor・思い出の銘玉・超精細質感諧調描写

※ 撮影使用機材
 レンズ Micro-NIKKOR 105mm 1:2.8(初期型) 
                                               L:No. 236967
  カメラ  NIKON  F2   B:No. 7938706(B)
Photo013_1
 

Photo014
§写真画面をクリックすると拡大します。大画面でどうぞ!!

|

« Nikkor・思い出の銘玉・・風靡垂涎のズーム | トップページ | Nikkor・思い出の銘玉・優秀な性能バランス »

レンズ」カテゴリの記事

コメント

イソップさん、こんばんは。
2枚目の綿毛の写真がすごく素敵ですね~!
シャープな写りなのに、ふんわりとしていて、てんとう虫まで見つけちゃうところが、さすがイソップさん、タダモノではありませんね!1枚目の花は・・・まさか地面から咲いてるんですか?でも白いし・・・サボテンみたいな花なんでしょうか?

投稿: なゆえな | 2006年11月12日 (日) 00時57分

なゆえなさん、おはようございます。
このレンズは、Nikkorの中でも突出した名レンズでした。その後改良され全体に使いやすくなりましたが、味がなくなってしまい可もなく不可もない優等生になってしまいました。ここでも本当の意味の銘レンズが消えて行きました。1枚目の写真はご指摘のとおりサボテンの花です。周囲に溶け込むような花弁の質感とても気に入っています。

投稿: イソップ | 2006年11月12日 (日) 11時03分

こんばんは。

透けるようなサボテンの花や重なり具合が見事に描写されていますね。それでいてやさしいぬくもりも感じます。
こういうレンズで描写できたイソップさん、ある意味幸せですね。

投稿: 瑠璃 | 2006年11月13日 (月) 22時59分

瑠璃さん。
ご訪問ありがとうございます。そうなんですこのレンズはNIKKORの中でも一番気に入って大切に使っている一本です。多分、一生使うレンズだと思います。

投稿: イソップ | 2006年11月13日 (月) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/12650463

この記事へのトラックバック一覧です: Nikkor・思い出の銘玉・超精細質感諧調描写:

« Nikkor・思い出の銘玉・・風靡垂涎のズーム | トップページ | Nikkor・思い出の銘玉・優秀な性能バランス »