« 写真家の心得・・写真いろは歌留多(1) | トップページ | Nikkor・・・消え行く銘玉たち »

2006年10月25日 (水)

Nikon F6・・・銀塩主義者の独り言

 最近のデジタル・ブームには凄まじいものが有る。新機種が発表になるとすぐさま他社が追い討ちをかけると言う追いつ追われつの状況が日常茶飯事であり、新製品として購入した機種が数日も経たないうちに旧機種となってしまう。
 このような事態がいつまで続くものかとデジタルを使っている方々はさぞかし不安と心配に苛まれている事と思う。人間、誰しも新しいものに憧れ、より高機能のものを求めるのは、物欲が無くならない限り至極当然なことであるが、あまりにも、新規開発戦争は需要者を無視したものと思わざるを得ない。そのうちデジタルカメラも行き着くところまで行き、低価額で買えるレンズ付きフイルムと同じような機種が現れ、スーパーやおもちゃ屋にぶら下げて売られる時代も近い将来にきっと来ると思う今日この頃である。
 デジタルは確かに便利であり、特に報道関係や結果を急ぐ必要のある業種にはなくてはならない物として重要な使命を持っており、その実力を否定するものではないが、銀塩カメラの製造からすべて撤退した企業があることには疑問を抱かざるを得ない。最近の中古カメラ市場は、にわかに活気を取り戻し、笛太鼓で銀塩カメラを探しているそうであるが時代の要請によりカメラメーカーがまたまた、銀塩カメラの製造に事業転換を迫られるような事態になるのではなかろうか。
 私は未だに銀塩の素晴らしさから逃げ切れない者のひとりであるが、Nikon F6を使い出してからなおさらその意を強くしたものである。F6をメインカメラとして活動を始めてから足掛け3年となり、サブカメラにはNikon F100を使用しているが、その使用感、レリーズ音にまでこだわったフィロソフィーに他には何もいらないというくらい惚れ込んでしまった。もちろん、写真はレンズで決まるものではあるが、このカメラを使い出してから如何にボディーの良否が作品に影響するかを身を持って知らしめられた次第である。F6に移行する前は、もっぱら同じNikonのF3-PをメインにF3-T、F3-HPをフルに使用していたが、おかげでF3シリーズはお蔵入りとなってしまい防湿庫の中でモードラを枕に眠っている。
 ニコン社も良くここまで機能を充実させる何でも来いの製作設計思想には本当に頭の下がる思いである。まるでコンピューターを持ち歩いているようなものであるが、それが良いか悪いかは別にしても、やがてデジタルに限界を感じ飽き足らなくなったハイ・アマチュア、プロフェッショナル達が銀塩に戻ってくる日が来た時に落胆しないように製造を継続していてくれる事を願うばかりである。
 欲を言えばF100も復活してもらえればこれに超したことは無い。

|

« 写真家の心得・・写真いろは歌留多(1) | トップページ | Nikkor・・・消え行く銘玉たち »

カメラ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
イソップさんの熱い想いがひしひしと伝わってきますね。お仲間になれてとても嬉しいです。
フィルムの件ですが、お店のサービスでいただいたフィルムを入れましたが、これでよかったのでしょうか? 一応3箱あるのでそれを使い切りますが、何かご推薦のフィルムがあったお願いします。

今日、昭和記念公園にコスモスを撮りに行きましたが、終わってました~~。午後から曇ってかなり暗~い画像ばかりになりました。今年はコスモスに縁がありません!

投稿: 瑠璃 | 2006年10月26日 (木) 20時30分

はじめまして、イソップさん。
瑠璃さんの所から遊びに来ました。
イソップさんもニコンユーザーなのですね^^
私もF5の前はF100を使ってました。ほんとF100って使い易いカメラですよね。一日カメラを肩に掛けてると軽いアザができるほどF5は重過ぎです。FM-3・F5がメインでサブ機がD200で撮ってますよ。

デジ一眼も安価になって使っている人もいますがやはり銀塩ユーザーが圧倒的に私の周りには多いですよ!ポジの発色はデジには出せませんし銀塩ユーザーが増える事は嬉しい事ですね。

また遊びに来させて貰いますのでこれからも宜しくお願いします^^

投稿: hashi34 | 2006年10月26日 (木) 21時34分

瑠璃さんこんばんは
今年のコスモスは不作とか! あまりいい色が出てないそうです。私も浜離宮公園へ一度行っただけで諦めました。
フイルムの件ですがお店では何を呉れましたか? 品名を教えてください。
参考までに、私の使っているのはベルビア100とベルビア100F、時によってプロビア100Fを使うこともあります。ベルビアの100はイメージカラー・超極彩度、100Fはリアルカラー・超高彩度と分類されています。
プロビア100Fはナチュラルカラーに分類され、ベルビアが硬調なのに比べ標準諧調になっています。いずれも被写体や天候のTP0に合わせて使い分けています。フイルムは生き物であると同時に使う人の感情がそのまま写りますので選ぶ時はその辺に気を付けて下さい。

投稿: イソップ | 2006年10月26日 (木) 22時38分

始めましてhashi34さん
良くお越しくださいました。私はココログを始めたばかりで、まだほんの駆け出しです。でも、このように多くのお仲間が出来てとても嬉しく、瑠璃さんに感謝いたしております。私はニコンFの時代からニコン党でずーっとやってきました。やっぱり抜けきれずに今でも銀塩で頑張っております。今後とも宜しくお願いします。良いお方と知り合い光栄です。

投稿: イソップ | 2006年10月26日 (木) 22時47分

イソップさん、こんばんは。
サービスでもらったフィルムはFUJICHROMEの「PROVIA100F」です。
>フイルムは生き物であると同時に使う人の感情がそのまま写ります
うわ~、ちょっと恐ろしいです。夫も読めない私の感情をフィルムは読み取るんですね。すごい!

投稿: 瑠璃 | 2006年10月26日 (木) 22時56分

瑠璃さん
ソウなんですよ。美しい心の人が使えばそのフイルムは美しく表現します。結婚式に恨みを持って写真を撮ると暗く写るのです。
まあ、プロビアを使った後、ベルビアを使ってみれば比較するのにもちょうど良い機会となりますから、其れからでも常用を決めるのは遅くは有りません。

投稿: イソップ | 2006年10月26日 (木) 23時10分

♪イソップさん
はい、解りました。ありがとうございます。
>結婚式に恨みを持って写真を撮ると暗く写るのです。
うわ~、そうでしたか! セピア色になった結婚式のときのスナップを今度おそるおそる見てみます。

投稿: 瑠璃 | 2006年10月26日 (木) 23時27分

こんばんは。
マイレンズをゲットしてきました!! いよいよ、うふふです。昨日電車の中で必要な箇所だけマニュアルを読みましたが、明日現物を手に取りながらまた一から確かめます。

投稿: 瑠璃 | 2006年10月27日 (金) 23時01分

瑠璃さん
やったー!!! やりましたね。どうです感触はいいでしょう。そのレンズの中にこの地球上にある見える物が全部入っているんです。いや、見えないものも見えてくるかも・・・
そのレンズはカメラとの相性・バランスも非常に良いはずですから、からシャッターを切っても撮ったーという気持ちにしてくれますよ。
オメデトウございます。

投稿: イソップ | 2006年10月27日 (金) 23時20分

イソップさんのおかげです。カメラとレンズに恥じないように精進いたします。

>そのレンズの中にこの地球上にある見える物が全部入っているんです。いや、見えないものも見えてくるかも・・・

うう、ちょっと泪がこみ上げそうになりました。

投稿: 瑠璃 | 2006年10月27日 (金) 23時52分

瑠璃さん
デジタルと違って始めだすと色々と障碍が有ったり壁に突き当たったりしますが、それをひとつづつ突き破り乗り越えていって納得に近づいて行くのです。デジタルみたいに直ぐに映像確認が出来ないし、気に入らないからといって消去する訳にも行きません。でも、それが楽しみであり、フイルム写真の醍醐味でもあります。時には全部ボツということも・・・
それに挫けずに行きましょう。(^^)v

投稿: イソップ | 2006年10月28日 (土) 00時11分

身体で覚えるような感覚なのでしょうかね。時間がかかりそうですが、ゆっくり楽しみます。

投稿: 瑠璃 | 2006年10月29日 (日) 00時13分

瑠璃さんこんばんは
無理をせずにゆっくり感触を楽しみながら使ってください。
なお、撮影が終了したフイルムを現像に出す時は、処理方法に「マウント」と「スリーブ」とありますので、今回は「マウント」処理で頼んでください。それから、ポジ画面の点検観察のために必要なのですが、拡大ルーペ・フイルム用をひとつ購入して下さい。フイルムにつける側が35mmマウントに合う長方形の物がお勧めです。

投稿: イソップ | 2006年10月29日 (日) 00時30分

はい、楽しみながらぼちぼちですね。処理方法のご指導ありがとうございます。フィルムが終わったら、またこちらに来て読んで確認します。フィルム用の拡大ルーペを揃えますね。ちょっと嬉しいです。

投稿: 瑠璃 | 2006年10月29日 (日) 00時45分

瑠璃さん
そうして下さい。ルーペは決して高価なものは要りません。また、そのうちライトボックスについてもご連絡します。

投稿: イソップ | 2006年10月29日 (日) 00時51分

こんばんは。

無事にレンズもカメラに収まり、絞り優先で一枚パチリとやり、次に少し薄暗い景色を撮ろうとして、WBを確認しましたがダイヤルが判らなくなって一枚撮ったきりで帰ってきました。トホホ。取説に沿って順番に設定をやったのにWBの設定をした覚えがありません。う~ん、せっかくパチパチやろうと思ったのに。
デジタルも持っていってたのでそちらで撮ったので問題はありませんでしたが、夕食後もう一度取説を読み直してみます。やれやれ。
何だかとっても頼りないです。果たしてあの一枚は写っているのでしょうか?? 現像に出すまで判らないんですよね?? お見合いの結果待ちってこんな気分なのかしら?

投稿: 瑠璃 | 2006年10月29日 (日) 19時46分

瑠璃さん今晩は
そーですか、それは残念。但し、フイルムカメラにはWBはありません。とりあえず《P》レンジでバチバチ撮ってください。レンジはP・A・S・Mの四つですが、Pレンジが一番使いやすく、また、一番利用するレンジです。
あまり気負わないで気安く、初めは遊びのつもりで、何でも撮ってみてください。

投稿: イソップ | 2006年10月29日 (日) 20時01分

Pレンジですか? はい、それでやってみます。マクロレンズじゃないけどお花でもいいんですね。ありがとうございます。

投稿: 瑠璃 | 2006年10月29日 (日) 21時07分

アマチュアはともかく、印刷原稿を造っているプロは、デジタルオンリーになるでしょう。クライアントがデータ入稿を希望されるから。私は初期ロッドのF6に飛び付き、大失敗。ファームアップしてプログラム撮影のブラックアウトの時間は、激減した。しかしエラー表示が出て、フィルムを抜かないと、ウンともスンとも言わない状態が複数回でたとき、だめだぁこりゃ、失望した。他にも、自動巻き戻しの途中に止まったり、シャッター音が突然ペシャーンと安物一眼のサウンドになったりという現象が複数回でている。信頼できるのは、F100だけです。名機でしょう。

投稿: 広告ガメラマン | 2007年7月12日 (木) 10時30分

広告ガメラマンさん
コメントを有難う御座います。確かに仕事の内容によってデジに傾いていくのは仕方ないことと思います。問題は何処までの画質テクスチュアーを求めるかということではないでしょうか。普通のCM写真やペアレンシーならば今のデジで十分過ぎるくらいだし、何よりもスピードの違いが勝負につながることですから・・・
そこがカメラマンと写真家(フォトグラファー)の価値観の違いになるのではないですか?
F6についてですが、貴兄はよほど悪い機械に当ってしまったようですね。
私ももう万単位の撮影をこなしていますが、一度もトラブルはありません。ただし、'05.3以前のコンベアーだったので、'05.7にファームアップを依頼しました。それ以降も全く快調そのものです。ニコン基準からすると貴兄が当てた不良?カメラが市場に出るはずはないのですが・・・
もちろん、F100もサブとしてエンジン全開です。
修理にも出されていることとは思いますが、よっぽど腕の悪いENに当ったか、本体そのものが不出来だったかでしょうね。とにかくICものですから・・・

投稿: イソップ | 2007年7月12日 (木) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/12430125

この記事へのトラックバック一覧です: Nikon F6・・・銀塩主義者の独り言:

« 写真家の心得・・写真いろは歌留多(1) | トップページ | Nikkor・・・消え行く銘玉たち »