トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月28日 (土)

Nikkor・・・消え行く銘玉たち

 写真に何らかの形で携わっている者は、ニッコール・レンズといえば知らないものは無いと云われ、日本を代表するレンズのひとつが、カメラのデジタル化の波をまともに被り消えつつある。写真を志す者にとってこのレンズを持つことは夢であり、それを実現するために三度の飯を二食に切り詰め、ひもじい思いをしながらも購入資金を貯めて手に入れたという切ないような苦い懐かしい思い出をお持ちの方も多かろう。
 今でこそ、割合と入手し易い価格となって来ているが、我々が生活に苦労していた当時、このレンズはどれをとっても突出して高価であった。今のようにレンズ設計がコンピュータで行えるわけではなく、人の頭脳とソロバン、いや、計算機で行っていた時代である。
 レンズも芸術品に近い存在であり、名設計者の頭の中で組み立てられていた理想のレンズを現実の物とするために大きな努力と労力がはらわれたのである。したがって、その能力の無い会社のレンズは機能的に使い物にならない物が多かった。しかし今はコンピュータによる設計のおかげで何処の光学関係メーカー製品もある一定のレベルには達しており、玩具を除けば使い物にならないようなひどい製品は見当たらなくなった。
 ただ、当時のレンズには人の血の通った良さがあった。要するに温かみがあったのである。それを母体としたニッコール・レンズが消えようとしている。会社も利潤が上がらなくては経営もままならないところから、泣くなくの決断ではあったと思うが、なんとも言いようのない寂しさに襲われるのは私だけであろうか。
 このニッコール・レンズは今回のデジタルカメラの発表により、フイルムカメラ用のレンズについて調査したところ、オートフォーカスレンズの30%弱が、また、マニュアルフォーカスレンズの70%強が生産を止め、在庫払いとなり、新品は市場から消え去ってしまったのである。
 特に、ニコンが得意としていた望遠系のレンズがほとんど姿を消し、宝のように大事に扱っていた銘レンズが次々と姿を消してしまった。まことに残念としか言いようがないが、会社の方針とはいえ、まだまだニコンカメラの信奉者、愛用者は現役でマニュアルカメラを使っているのである。と同じようにレンズも使いたいのは人情であろう。
 これからのニコンマニアは可哀想としか他に云う言葉が見つからない。現在使用中のレンズを後生大事にシコシコと使って行くしか仕方ないか・・・・何とかなりませんかニコンさん!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

Nikon F6・・・銀塩主義者の独り言

 最近のデジタル・ブームには凄まじいものが有る。新機種が発表になるとすぐさま他社が追い討ちをかけると言う追いつ追われつの状況が日常茶飯事であり、新製品として購入した機種が数日も経たないうちに旧機種となってしまう。
 このような事態がいつまで続くものかとデジタルを使っている方々はさぞかし不安と心配に苛まれている事と思う。人間、誰しも新しいものに憧れ、より高機能のものを求めるのは、物欲が無くならない限り至極当然なことであるが、あまりにも、新規開発戦争は需要者を無視したものと思わざるを得ない。そのうちデジタルカメラも行き着くところまで行き、低価額で買えるレンズ付きフイルムと同じような機種が現れ、スーパーやおもちゃ屋にぶら下げて売られる時代も近い将来にきっと来ると思う今日この頃である。
 デジタルは確かに便利であり、特に報道関係や結果を急ぐ必要のある業種にはなくてはならない物として重要な使命を持っており、その実力を否定するものではないが、銀塩カメラの製造からすべて撤退した企業があることには疑問を抱かざるを得ない。最近の中古カメラ市場は、にわかに活気を取り戻し、笛太鼓で銀塩カメラを探しているそうであるが時代の要請によりカメラメーカーがまたまた、銀塩カメラの製造に事業転換を迫られるような事態になるのではなかろうか。
 私は未だに銀塩の素晴らしさから逃げ切れない者のひとりであるが、Nikon F6を使い出してからなおさらその意を強くしたものである。F6をメインカメラとして活動を始めてから足掛け3年となり、サブカメラにはNikon F100を使用しているが、その使用感、レリーズ音にまでこだわったフィロソフィーに他には何もいらないというくらい惚れ込んでしまった。もちろん、写真はレンズで決まるものではあるが、このカメラを使い出してから如何にボディーの良否が作品に影響するかを身を持って知らしめられた次第である。F6に移行する前は、もっぱら同じNikonのF3-PをメインにF3-T、F3-HPをフルに使用していたが、おかげでF3シリーズはお蔵入りとなってしまい防湿庫の中でモードラを枕に眠っている。
 ニコン社も良くここまで機能を充実させる何でも来いの製作設計思想には本当に頭の下がる思いである。まるでコンピューターを持ち歩いているようなものであるが、それが良いか悪いかは別にしても、やがてデジタルに限界を感じ飽き足らなくなったハイ・アマチュア、プロフェッショナル達が銀塩に戻ってくる日が来た時に落胆しないように製造を継続していてくれる事を願うばかりである。
 欲を言えばF100も復活してもらえればこれに超したことは無い。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

写真家の心得・・写真いろは歌留多(1)

 いろは歌留多             北條 朔 著作
(イ) 犬猫は 横に座らせ 鳥飛ばせ 
        牛は鳴かせて 馬は走らせ
     ※  動物写真撮影の基本の基。代表的な表現。
(ロ) 論よりも 評より実践 カメラ慣れ 
        理屈を言うより コマ数を撮れ
   ※ 写真の評論よりも、カメラを使いこなせ。いかに多くの
      コマをこなしたかで勝負。
(ハ) 花嫁は 裾の広がり 気をつけて 
        後ろ姿も ほしい一枚
   ※ 金襴緞子は後ろ姿も立派です。後で喜ばれる一枚。
(ニ) 二度三度 足を運んで 視点かえ
        季節きせつで 変わる風景
   ※ 風景写真は、現場百回。季節の変わり目が狙い目。
(ホ) 星空は 秋から冬の 風物詩 
        広角レンズで 北斗七星
   ※ 秋から冬にかけては空が冴え渡り、星座も撮り応えあり。
(ヘ) 偏光を かけたつもりが 効果なし 
        スピードライトに 金属反射 
   ※ 偏光フィルターは活用が難しい。知らないと失敗する。
( ト)  遠くでも 近くの景色も ズームなら 
        自由に選べる パースぺクティブ 
   ※ ズームレンズは便利。しかし、使い方を間違えると不精
            になる。    
                                             

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

写真家の心得・・写真いろは歌留多(2)

(チ) 散る桜 見上げるよりも 横位置で
        風上に居て チャンスあり
   ※ カメラは横位置、舞い落ちる花びらは受けるより追え。
(リ) 理論より 数撮ることで 腕あげろ
        使うフイルム 技術に比例
   ※ 腕が上がるとフイルムの使用量も上がる。
(ヌ) ヌードには 望遠レンズ 似合わない
        絞りで決まる テクスチュア
   ※ 長玉つけて、何処を狙っているの !?
(ル) ルビーにも パールもエメも 色バック
        ダイヤモンドは 黒で決めたい
   ※ 石撮りは意外と難しい。ホリゾント選びは慎重に。
(ヲ) 尾張城 金のしゃちほこ なまこ塀
        城には城の 見どころがある
   ※ 城の写真は場所選びで決まる。一回りして、じっくり
            撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真家の心得・・写真いろは歌留多(3)

(ワ) 和服は斜めに 腰高で
         ドレスは腕組み 足組ませ
   ※ ポーズの基本。安定するカメラアングルは腰の高さ。
(カ) 帰り道 思わぬところで チャンスあり
        残しておこう ニ、三コマ
   ※ シマッタ !! フイルムを入れ替える時間が無い。
(ヨ) 夜の街 活躍するのは 標準レンズ
        手持ちで フイルム高感度
   ※ 明るいレンズと高感度フイルムの相乗効果。
      チャンスを逃がすな !
(タ) 体育祭 チャンスを待つ間に ニ、三枚
        ズームレンズで 順光で
   ※ グッドタイミングのつもりが撮り遅れ。よくある失敗。
(レ) レンズにも 特徴がある 癖がある
        上手に使えば すべて名品
   ※ どんなレンズにも、持ち味がある。活かすも殺すも
      腕しだい。
(ソ) それからが 画面の外にある構図
        上下左右に 語る広がり
   ※ 画面の外に何がある? 画面の中から得られる情報。
     

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

写真家の心得・・写真いろは歌留多(4)

(ツ) 鶴と亀 節目ふしめの お祝いは
        後ろに子供 横に孫たち
   ※ お祝いの記念撮影、子供たちは後ろにならべる。
      孫は宝物。
(ネ) 寝顔から 笑顔を作る 赤子でも
        涙こぼせば これも絵になる
   ※ 笑顔の写真はいっぱいある。泣く児と地頭には勝てない。
      成長記録に欲しい一枚。
(ナ) 夏の海 中望遠で ピンホール
        首切り注意 足きり注意
   ※ 周囲の雰囲気を入れて、水平線で、首、足切るな。
      水着なら脚線美が泣くぞ ! 
(ラ) 楽な撮影 駄作が多し
        足で稼いで ズームを活かせ
   ※ 横着はダメ ! 歩きまわって傑作がある。
(ム) 無理をする 旅行計画 最初から
        重い機材に 泣いて進まず
   ※ あれも、これもは要らない。目的に合わせた機材に絞って
      無理をせず。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

写真家の心得・・写真いろは歌留多(5)

(ウ) 梅は上下に 桜は横に
         山茶花 椿は葉を入れて
   ※ アパーチュアの選択は、樹木撮影の基本。
      縦位置、横位置により作品の安定性が決まる。
(ヰ) 井戸側に 苔むすみどり つるべ桶
         人を入れずに 斜光がベスト
   ※ 井戸の雰囲気は、鮮緑の苔とつるべ桶の処理で決まる。
(ノ) 乗り物は 正面横向き 斜め上
        走る列車は カーブで狙え
   ※ 乗物撮りの基本。走り行くより来たるを狙え。撮影被写体
      のドップラー効果。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

写真家の心得・・写真いろは歌留多(6)

(オ) 女は三角 男は四角
        老人 子供は 眼の高さ
   ※ 女性の構図は三角形が基本。男らしさは四角で作る。
      老人や子供を撮る時は、腰を落としてカメラを下げる。
(ク) 草花は 一歩踏み込み バックを選び
        順光よりも半逆光
   ※ 近接から観察。バックの色に溶け込ますな。立体感は
      半逆光を活かせ。
(ヤ) 山は遠景 滝は下
         渓谷 湖沼は横に振れ
   ※ 遠くから見て、山の全景が分かる。滝は迎向で、渓谷
      湖沼は横位置がベスト。
(マ) 町や村 古いしきたり 色々と
        足で稼いで 元老に聞け
   ※ 礼をつくして丁寧に。下調べは必須事項。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

写真家の心得・・写真いろは歌留多(7)

(ケ) 傑作を 撮ろうとあせり 人垣を
        かきわけ出れば 頭から水
   ※ 祭りに水はつきもの。水掛祭りでカメラがオジャン!!
(フ) 富士山は 前景選んで 裾野を入れて
        水に映せば 大きさが出る
   ※ 流れるような線が魅力。湖面を上手に活かして勝ち。
(コ) 航空の 写真はシャッター ズームで勝負
        眼から離すな ファインダー
   ※ ファインダーから一度眼を離すと、撮影対象がわから
      なくなる。
(エ) 遠足は 先頭に居て チャンスあり
        列が過ぎたら また先頭へ
   ※ 同道するな。子供達の動きは、列を逆行して探せ。
(テ) テクテクと 歩いて稼ぐ 街並木
       カメラは一台 レンズは二本
   ※ カメラボデーは一台で充分。機材を持ちすぎると、疲れ
      るだけでなくチャンスを逃がす。今は標準系ズームか!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

写真家の心得・・写真いろは歌留多(8)

(ア) 雨の日は 夕暮 並木 石畳
        ローアングルで傘のうち
   ※ しっとりとした作画、雨が降ってもチャンスは多い。
(サ) 里の秋 三割空入れ ハイアングルで 
        黄色と赤に 白入れ締める
   ※ カラー写真は画面内に白色が入ると、全体が締まる。
(キ) 球技では ボールを入れて 選手追い
        両目を開けて 行く先を読め
   ※ 選手よりボールを追うとチャンスが多い。ナイスショット!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

写真家の心得・・写真いろは歌留多(9)

(ユ) 夢に見た レンズを買って しまい込み
        一度も使わず かびを生やかす
   ※ 買ったレンズは使ってなんぼ、大事にし過ぎは無いのと
      一緒。
(メ) めでたさは 産着をたたむ 横顔に
        優しくなびく ほつれ黒髪
   ※ 洗濯した産着をたたむときに、親になった実感をあじあう。
(ミ) 魅力とは 若さはじける 皮膚の張り
        乙女の黒髪 胸の膨らみ
   ※ 目線をどう処理するかで動静が決まる。
(シ) 七・五・三 飴と足もと 気を付けて
        すました顔より 笑顔で勝負
   ※ 飴の袋は正面を向けて、下を折るな。足の形に注意 !

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

写真家の心得・・写真いろは歌留多(10)

(ヱ) 笑顔より 背景選び 色選び 
                  目線で決まる モデル撮影
   ※ 顔だけアップは邪道、目線ちょうだい!!
(ヒ) 日の出 日の入り 雲入れて 
        ススキに満月 枯野に 三日月
   ※ 朝夕、夜の雰囲気はこれで出せる。四季の定番。  
(モ) 持ち歩く カメラはいつも 腋の下 
        スナップショットは 親指で
   ※ ノーファインダー。親指でシヤッターを落とす。ストラップ
      は 短めに。          
(セ) 接写する 基本は花から昆虫へ                
        一歩踏み込み カメラを前後
   ※ オートフォーカスは当てにするな。マニュアルフォーカス  
      で自分の目を信じよう。  
(ス) スポーツは ルールを知って 両目開け 
        首を振るより 腰回せ
   ※ ルールを熟知し、ファインダー内と全景を見通す。
(ン) ンーンッ なるほど成る程 そうだったのか 理解 納得
    体得       
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年11月 »